夏の夜の夢。そして彼には敵わない。


先日、夢と現の間で金縛りにあってしまった時の事。

金縛りにあっている間、頭部側から飛ばされるんじゃないかと思うくらいの強烈な風が吹き続け、さすがにこれはヤバいと思いはじめました。

それでなんとか手を動かし、ベッドのヘッドボード部分の棚に置いてあったスーさんのホームのお守りを手にし、

「スーさん、助けて!」

と祈ったところ、


アマテラスねぇちゃん 「musicaちゃん」

musica 「お姉ちゃん?」

金縛りが解けて振り向いた先には、見たことが無いほどエレガントな実姉が(髪形も服装も話し方もまったく違う。後にアマテラスねぇちゃんと判明)。

ア 「もう大丈夫よ。台風が通り過ぎようとしているだけ」

m 「はぁ・・・」

で、しばらくねぇちゃんと話をした後リアルに目が覚めまして。

ここで気が付いたのですが、スーさんに助けを求めたのに来てくれたのはアマテラスねぇちゃん。。。

?な感じで日本神界の友・じぇじぇ姐さんに、こんなんありました~のご報告を。


m 「今日妙な現象に遭いました。。。

夢なんですけど妙にリアルな金縛りにあいまして。
そしたらば、頭の方から物凄い強風が吹いてきまして、飛ばされないようにしながら
スーさんのホームのお守りを握り締め、一生懸命スーさんを呼びながら耐えました。

そしたら現実ではありえないくらいエレガントな実姉が部屋に入ってきて、金縛りが解けるという夢でした。

一体何なのか」

じぇ 「金縛りの夢、なんでしょね?まあ、咄嗟に呼ぶのがスーさん、ってことはわかりましたよね、少なくとも。」


???

咄嗟に呼ぶのがスーさん?

!!!

咄嗟に呼ぶのがスーさん!!!


言われて初めて気が付いたのですよ、咄嗟に助けを求めたのがスーさんだったという事に。。。

つい半年前までは、明らかにミカエルっ子でした、私は。

ミカエルっ子というか、親分に対してもふてぶてしい態度を取っていた様です・・・。

本館リンク!→天使長のお洋服

なのにいつの間にか、スーさんを咄嗟に呼んでしまうほど、彼を信頼してしまったとは。。。


なんだか恥ずかしい///

とっても恥ずかしい・・・。


じぇじぇ姐さんへの返信は、

m 「言われるれるまで気が付きませんでしたが、なんでしょう?この気恥ずかしさは。言い訳したくなります。

さ、、、最近ずっと日本神界の絵を描いていたから、た、たまたまなんだからねっ!←ツンデレを気取ってみましたw

じぇ 「ふふふ、そうだと思いました、言われるまで気づいてない、気恥ずかしい、ってwww」


・・・なんだかもう、スーさんとアマテラねぇちゃんにしてやられた気分です。

いや、してやられたんだとは思うのですけど。

目に浮かぶんです、彼のドヤ顔が。


「君が心の底で本当に頼りにしているのは、この私であろう?ん?」


ほんと、おっさん達には敵わないのです。

分かり切ってはいるのですが、なんだか腹の立つmusicaでした。





[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2014-07-21 05:55 | スーさん | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica