手を繋ぐ、スーさんと。


先日。

ふと、スーさんとの関わり、上の世界との関わりが全て私の妄想だとしたら?と考えてしまって、全ての事が嘘のように思えてしまった時の事。

そうしたら例の1DKの部屋に行ってもスーさんの顔を見れないし、無視をしてしまう有り様で。

私は現実の世界に勝手に戻ってしまったのです。



スーさん 「怒ってはおらぬぞ。私の愛を信じられないこの時を楽しめと君に教えたのは、この私であるからな」

musica 「・・・」

ス 「君はあの出雲での出来事やこれまでの私との日々が、すべて君の妄想だと思うかい?」

m 「・・・わかりません」

ス 「・・・」

m 「・・・」

ス 「左手」

m 「?」

ス 「私は今から君の左手に宿ろう。よいか?」

m 「・・・」

ス 「今、君の左手は私の左手だ。両手を組み合わせてみよ。ほら、左手の体温が違うのが分かろう?それは私のぬくもりだ」

m 「・・・」

ス 「君のいるこの次元では、我々は肉体を持って触れ合う事は出来ぬ。私は君を抱きしめ、君を安心させる事も出来ぬ。

だが我々は今、手を繋いでいる。

私は君の手に宿り、我々は手を繋いでいるのだ。分かるであろうか?」



そのまましばらく手を繋いでスーさんのぬくもりを感じていたのですが、ここで残念なアクシデントが。。。

なんと!私の耳に強い痒みが走り、うっかりスーさんを宿した手で掻いてもたのです!(◎□◎;)

しまった!と思った時には、すでに遅く・・・。



ス 「・・・」

m 「・・・あー・・・、スサノォ?」←精一杯のカワイイを演出。

ス 「そなたという者は・・・(溜息)」←カワイイ通じず。

m 「すんません・・・」

ス 「例えば、そなたが恋人と初めて手を繋いだ時。その様な時に君は、相手の手を使って耳を掻くという様な不躾な行為をするであろうか?」

m 「いえ、しません・・・」

ス 「では何故今してしまったのか?」

m 「あー・・・、うっかり・・・」

ス 「そなたがいかに私の事を軽んじておるか、見えない世界というものを軽んじておるか、よく分かろう?」

m 「ほんとすんません・・・」

ス 「まったく・・・。言いたい事は山程あるが、ほら、部屋に戻るとするぞ。ついて参れ」

m 「はぁい・・・」



久々にやっちまったな・・・な出来事でした。



この出来事をきっかけにまたいつもの様に触れ合えるようになったのですが。

今振り返ると、あの唐突な痒みは・・・。

私はまた、スーさんにハメられました?

ねぇ、スーさん?

聞いてます?





[PR]
Commented by マヅキ at 2014-07-28 09:01 x
こんにちは。
musicaさんと日本神界ダンディたちとの遣り取りが、
ドラマ「フルハウス」っぽくもありつつ、
川原泉さんの「中国の壺」の趙飛竜と志姫ちゃんのようでもあるなーと思いつつ、
いつも楽しく拝見しています。
アマテラスねぇちゃんが大好きです。

私は、ボヤ〜ンと漠然としているのですが、不意になんやかやと受け取ることがときどきあります。
妄想捗ってんなー私! って制御と、妄想じゃないなら失礼だよなーという申し訳無さとでぐらぐら悶々としていたんですが、
今回の記事のスサノオさんの言葉で、そっか今はこれでいいのかと少しラクになりました。
解釈や意味づけ、判断や振り分けをしようと急いてしまう自分に気づくためでもあるのかも。
ありがとうございます。スサノオさんにも、musicaさんにも。
Commented by 月洋 at 2014-07-28 09:12 x
思わず笑ってしまいました。

少し羨ましいです(楽しそうで 笑)
Commented by garoumusica at 2014-07-28 17:27
マヅキさん、コメントありがとうございます。

日本神界ダンディ!面白い呼び方ですね!ドヤ顔で決めポーズを決めていそうですw
「中国の壺」初めて知りましたが、面白そうな内容ですね。チェックしときます。

お〜、スーさん、いい働きをされたのですね。流石ですw
彼らは全て計算尽くして動かれていますので、きっとマヅキさんの件も織り込み済みでしょう〜。
こちらこそありがとうございます。
Commented by garoumusica at 2014-07-28 17:31
月洋さん、コメントありがとうございます。

自分では、あ〜やってもたわ〜orzな出来事でしたが、周りには何故か笑われます( ? _ ? )
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2014-07-28 05:55 | スーさん | Comments(4)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica