スーさんによる癒し、その後。


本日も昨日のブログの続きです。



さてさて、ここ数日に渡ってお送りして参りました、いわゆるインナーチャイルドの癒し。

全ての事の起こりは7月15日。あの不思議な夢を見て、スーさんに助けを求めたところから始まりました。

私のスーさんへの信頼度を確認してから密室講義が始まり、ちびmusicaが登場し、スーさんの長い長いお話をいただいて現在に至る、です。

全てはスーさんの巧妙な作戦によるものでした。

初めから「インナーチャイルドの癒し」をするぞ、なんて言われていたら、私はものすごい抵抗をしたと思います。

なんですかね?「インナーチャイルドの癒し」とか、そういう胡散臭いスピ用語、まっぴらなんですよ。



カーッ(゜Д゜)≡゜д゜)、、、ペッ!ですよ、ほんと。



よくもマァ、そんなおなごのところにスーさんもやって来たもんだなのですが・・・( ;´Д`)。

思い返せばなるほど、流石は素○嗚尊。

インナーチャイルドの癒しのサポート用にブレスレットを作らせたり、インカローズの6センチの大玉をお買い得に購入させたり、例の部屋で桜色の着物を着せたり、リアルな世界でもピンク色の髪留めを使わせたりと、ほんとにウンザリするほどの抜け目のないサポート体制。

ここまでスーさんにされては逃げるわけにはいかないです。



そして昨日気がついたのですが、ちびムジちゃんが登場する数時間前、皿洗いをしていた時に無意識に歌っていた曲が、平井堅さんの「いとしき日々よ」。

何年も前の曲でサビもおぼろげな状態で。

その時は気にもせずいたのですが、翌日も同じタイミングで歌ってしまいまして。

上の人達は歌にその思いを込めて送って来られるので、この曲もそうなのかなと思って歌詞を調べてみると、


あなたの手を強く握ることも あなたを抱きしめることも 許されない運命」


っていう歌詞があって。

それって先日スーさんに言われたセリフ・・・。(詳しくはこちらです。リンク!→手を繋ぐ、スーさんと。

もう苦笑いするしかない展開で・・・。



スーさん 「苦笑いではなかろう?ここは素直に私の熱い思いを受け入れ、抱きついて来て然るべき場面だと思うがね」

musica 「相変わらず愉快なおっさんですね・・・。ていうかスーさん、この曲はさよならの曲では?」

ス 「この曲はあの時の私の気持ちを的確に表した曲だ。ちびmusicaが爆走した日の夜、そなたの選択次第では我々は別れる運命にあった」

m 「・・・」

ス 「そんな顔をするでない。我々は君から離れる事は決して無い。常々申しておるであろう?我々はひとつであると。

だが、君が我々から離れるという選択をしたならば、我々はその選択を尊重しなければならない。分かるね?」

m 「・・・」

ス 「『いとしき日々よ サヨナラは言わないで』この詩は私の願いであった

m 「・・・」

ス 「今回の出来事はほんの小さな始まりに過ぎぬ。だが、我々と共にいるという選択をしてくれた君に、ふたつの小さな贈り物をしよう。ひとつ目は昨日の早朝の虹だ。君にとって早朝の虹を見たのは2度目だね?」(詳しくは本日の朝刊で、じゃなくて本館で。リンク!→朝焼けと早朝の虹。

m 「はい。20年とちょっと前、早朝に学校へ向かう途中で見かけ『朝から虹を見るなんて、なんだかいいことありそう』なんて思っていたら、その日から上級生による虐めが始まりまして。なんて言うかそれ以来、私にとって早朝の虹は不吉の象徴でした」

ス 「今回虹を見てどう思ったであろうか?」

m 「はじめは少しドキッとしましたが、きっとスーさんからの贈り物だから、今回の事が上手くいったよっていう合図なのかなって思いました」

ス 「そうだ。あの日君が見た早朝の虹は、始まりの合図だった。そして昨日君に見せた虹は、終了の合図だ。

それからもうひとつ、実は君が恐怖の対象である早朝の虹を見て、どの様な反応をするのか見せてもらう為でもあった。今回の私の一連の行為が君の心に伝わったのか?又は、伝わらなかったか・・・。

だが君は心に刻まれた恐怖に見事打ち勝ってくれた。ありがとう、礼を言うよ」

m 「あー・・・、でもあれは、どちらかと言うとスーさんを信じたの方が近いですよ?」

ス 「ハハハ、私の愛を信じてくれたのだね。それではそれに対しても感謝を述べよう。ありがとう。

さて、もうひとつの贈り物・・・と言うか種明かしをしよう。先日君は、武南方殿から漫画を使った指導を受けていたね?」

m 「はい。のだめカンタービレです」

ス 「ではその漫画の16巻を読んでご覧?君なら気がつくと思うよ」

m 「はい。・・・(読書中)・・・。あっ、これですか?全然読んだ記憶がない・・・」

ス 「ふふふ、今日この時の為に少々君の無意識と記憶をいじらせて貰っていたのだ。

『1500年くらいまえは 神の作った世界の調和を知るための学問が 天文学 幾何学 数論 音楽だったんだ』

『本来 音楽(ムジカ)とは調和の根本原理そのものを指していて 理論的に調和の心理を研究することが音楽だった』

君ははじめ、別の名をブログに付けようとしたね?」

m 「はい。でも外国に同じ名前のギャラリーがあったので『画廊musica』にしました。音楽も好きなので」

ス 「調和。我々の世界との調和を求めなさい。君の名乗る『musica』という名、その名こそが君達と我々の目指すべきものであり、そして愛の証なのだ」

m 「・・・」

ス 「・・・何だね?その、また無意識を操りやがってコノヤローという思いは・・・。ここは『スーさんの深い愛情に感動しました、スーさんステキ』と思う場面ではないかね?」

m 「ほんとに愉快な野郎ですね・・・。あれっ?て言うかこの名前を決めたのって本館のブログを作った時だから、2012年の11月の話ですよ?そんな前から計画していたんですか・・・」

ス 「だから言ったであろう(笑)?そなたが生まれ出づる時だ」

m 「そんな昔から今回の事を・・・、あっ、そっか。虹もそうだし・・・」

ス 「我々の時間からすれば、あっという間だ」

m 「あぁ、そんな感覚だから残念な洋装を披露しちゃうんですね・・・(しみじみ)」

ス 「・・・」

m 「それでは感謝の意を込めて、私の秘蔵のイケメンファイル全10巻(絵画作成時の参考資料)で、現代のイケメンファッションのなんたるかをお教えしましょう。今日は逃がしませんよ?」






[PR]
Commented by さくら at 2014-08-02 09:45 x
始まりが20数年前ですか(´・ω・`)

…ってすごく長いんですけどっ!!!(。>д<)
恐るべし神々の計画…キョーガクですっ!

Commented at 2014-08-02 14:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by garoumusica at 2014-08-03 05:39
さくらさん、コメントありがとうございます。

神様って長生きですから、彼らからすればあっという間なんでしょうねぇ。
Commented by garoumusica at 2014-08-03 05:40
な〇さん、コメントありがとうございます。

龍の雲ですか。それは縁起が良さそうです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2014-08-02 05:00 | スーさん | Comments(4)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica