いつも笑っていなさい。


昨日の話。

久し振りに朝から晴れて、朝日が昇るところを見ることが出来ました。



musica 「おぉ〜、アマテラスねぇちゃん、お久し振りで〜す」

ねぇちゃん 「おはようさん。てゆうかいつもおるやろw久し振りちゃうわ!」

m 「あはは、ちょっと鳥肌立つくらい寒いですけど、空気もいいですし気持ちいいですね」

スーさん 「久し振りに君の晴れやかな笑顔が見れたな」

m 「え?そうですか?」

ス 「この夏は天候が優れず、君はいつも『なんかおかしい、なんかおかしい』と言って不安そうな表情を浮かべておった」

m 「あー・・・、そうかもしれません」

ス 「君が不安な気持ちを覚えるのも理解出来る。だがね、不安な気持ちは不安な状況を引き寄せる、いつも言っているであろう?『自分は今、不安を覚えている』その事が分かったら、その感情を手放しなさいと」

m 「はい・・・」

ス 「感情を抑えるなと言っているのではないぞ?囚われるな、と言っているのだ」

m 「はい」

ス 「いつも笑っていなさい。私は君の笑顔を見るのが好きだ」

m 「・・・」

ス 「なんだね?照れているのかね?本当に君は直球に弱いねw」

m 「・・・」

ス 「しかしその感情は良い。嬉しい、楽しい、気持ちいい、と言った喜びの感情は抑えなくて良い。更なる喜びが引き寄せられるからね」

m 「はぁ・・・」

ス 「それに、最近君は私の愛情に反応出来る様になってきたね」

m 「そうですか?」

ス 「以前は私の愛の言葉に対して気が付かないか無視するか、笑いに変えるかであったではないか?」

m 「あー・・・」

ス 「良い傾向だ。ちびmusica効果といったところか」

m 「・・・」

f0351853_21123753.jpg




[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2014-08-31 05:00 | スーさん | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica