虹色の花さんの海神の御守り。その2。


で、手元に届き早速記事にUPしようとしたところ、スーさんからNGが。

なんで・・・?

もともと画像がネット上にUPされている物なのに、なんでダメなんですか(・ω・`)?


f0351853_07201516.jpg


?って感じでしばらく放置をしていたのですが、ある時ふと気がつきました。



「あえて海の上で対処するならば、最も感情や波の起伏がある場所で、振り回されない、影響されない。
最小限にとどめるというのは凄く大切だと思いますし。

自分が船酔いして巻き込まれてヘロヘロになるよりも、物凄く冷静に色んなことに対処できて、広く海の上を見る余裕ができるのかなと思いました。

そういう意味では、海の上も、感情の起伏も、完全に静止することは絶対に不可能で合っても、その波の上で影響されずに静かに佇むことは可能だと。」



ここの解説を改めて読んで思い出した事。

私は年末に守護霊とかガイドという方々とコミュニケーションが取れる方に依頼をして、翌年一年に関してアドバイスを貰ってもらうのですが、今年のアドバイスに次のようなものがありました。



「自然環境が大きく変化していく時期です。

それと同時に人間の意識も影響を受けて大きく変化していきます。

人間関係、世界情勢も、そういうものの中で揺られていくのですから。

何が来ても今の自分と言うものを維持できるようにしておかないといけません。

人生とは波風が立って当然。それをどうやってスムースに超えて行けるかが重要と言う気持ちがこれから大切になっていきますよ」



なるほど、この海神の御守りの解説と通じるものがあります。。。

大切な事だから2回言いましたな感じでしょうか?

スーさんに繰り返し言われる「感情に囚われるな」というセリフ。

上記の全く違う場所からもたらされた、似た内容のセリフ。

この事に気が付いていなかったから、ネット上にUPする事を禁じられたのでしょう。


荒ぶる波や海を即座に鎮めるような。ものすごい静けさを感じさせる人。」

「私と共にいれば、やがて荒れ狂う波もこの海の静まり、静寂が辺りを包む事だろう」



「W.W.L.D」ではありませんが、「スサノオならどうするであろうか?」と自分自身とスーさんを重ね思考するようにすれば、彼のように静けさを身に纏う事が出来るようになるのでしょうか。。。



明日は石解説です。



musica 「どうぞ、ご一献」

スーさん 「ありがとう」

m 「見事な月ですね」

ス 「うむ。ところで私の器は湯のみではないかね?」

m 「あー、それは、スーさんにお使いいただくお猪口は桜柄にしたかったんですよ・・・(´・_・`)。キーワードでしょ?でもそれしかなくって・・・」

ス 「乙女だね」

m 「うるさいな(¬_¬)。・・・以前描いたスーさんとちびムジの絵では、スーさんはお一人でお酒を飲んでいたでしょう?だから、こうやってお猪口を並べたかったんですよね、ってまぁ、スーさんの分は湯のみですが・・・」←ベランダの手すりに湯のみとお猪口と日本酒を並べました。

ス 「フフ、今宵の酒はうまい」

m 「ね。 ところで、今宵の月はほんのりオレンジがかった金色で、スーさんの色ですね」

ス 「美しい色であろう?」

m 「えぇ、まぁ・・・。相変わらず自信家ですね・・・」

ス 「フフフ」


f0351853_23142506.jpg




[PR]
Commented by あき at 2014-09-09 11:10 x
この絵大好きです
Commented by garoumusica at 2014-09-09 17:18
あきさん、コメントありがとうございます。

背中が語ってますよねwww
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2014-09-09 05:00 | スーさん | Comments(2)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica