スーさんの騙しのテク。


今描いている「姉と弟」の絵に関する一騒動。



この絵は今年の4月に描き始めた絵で、背景が上手く描けずレオちゃんの助言に従って、出雲に行く直前に一旦中止した経歴があります。

そして今回描き始めた時にレオちゃんから貰った助言は、



「朱雀塗り潰しちゃいなよ」



まぁ無視しました。

何言ってんだ?ってレベルでしょう?



そして何故か過去に描いた絵が妙に気になる。。。

この絵を高画質で友人に見せなければ、という思いがずっとあったものの、自分の絵を高画質で見て☆て言うのも変な話だと思い、無視していたのです。

が、先週の金曜日にどうしても気になって、その友人にその画像をメールで送ったのです。

その日は絵の背景、朱雀に取り掛かった日で、その絵を見ていて気がついたことがありました。

あぁそっか、背景の余白部分をこの絵の空のような背景に似せろということですね。

この日スーさんが選んだ作業音楽の題名にも「SKY」が入ってたし。

相変わらず抜け目がないですね〜、と言うことでそれはもう張り切って背景を描き始めたのです。



そしたらですね、スーさん衝撃発言。



スーさん 「朱雀を消しなさい」

musica 「はい?」

ス 「そして一番初めの絵に戻しなさい」

m 「それって夜桜を見てるスーさんとねぇちゃんの絵ですか?」

ス 「そうだ。そもそもこの絵は夜桜を見る二人の絵であったろう?」

m 「はい。ねぇちゃんが一人でどんどん歩いて行って、その後ろをスーさんがついて行ってて、ある瞬間に風が吹いて花びらが舞い、その花びらを目で追っていたねぇちゃんが花びらを目で追ったまま後ろに倒れ、スーさんがねぇちゃんを身体で受け止め、ねぇちゃんはスーさんにもたれかかったまま桜の花びらを目で追い続ける、というストーリーの絵でした」

ス 「そうだね。そのテーマは何だったかね?」

m 「信頼です。ねぇちゃんはスーさんが支えてくれるのを分かっていて花びらの行方を追い続け、スーさんもどういう状況が訪れようとすぐに対応できるよう常に備えている、そんな二人の信頼関係がテーマです」

ス 「そうだ。この絵をはじめに戻そう」

m 「えー、嫌ですよ!前回は背景を描き切れませんでしたが、練習もしたし勉強もしたし、今回は描き切る自信あります。それに消したくないです」

ス 「・・・」

m 「描きます!」

ス 「・・・実はこの絵は『姉と弟』の絵ではないのだ」

m 「はい?」

ス 「この絵は『君と私』の絵なのだよ。そのストーリーも君と私だ」

m 「は!?」

ス 「この絵を描き始めた頃、あの映像を君と私だと言っても君は描きたがらなかったであろう。だからアマテラスと私の絵だと言うことにして君に描かせたのだ」

m 「そんな・・・」

ス 「君は不思議に思わなかったかね?この絵を描きながらアマテラスが出て来たことはあったかね?」

m 「それは、スーさんがいるから・・・」

ス 「アマテラスが選んだ曲があったかね?」

m 「・・・」



続きはまた明日です。




[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2014-09-22 05:00 | スーさん | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica