I Need You

昨日の追記です。



昨日の記事のこの部分。

『あんまり気乗りせずちょっと放置をしていたところ、おっさんsが動きまして、じぇじぇ姐さんが「コラボ記事をしましょう」と言われまして。

それでも、えー・・・だったのですが、更におっさんsからの追い討ちがあり、分かった!もう書きます!書けばいいんでしょ?もー・・・、と言う感じで今回のシリーズを記事にする事となったのです。』

の、おっさんsの追い討ちについて書いてみたいと思います。



昨日のじぇじぇ姐さんのブログ、お見事でした。




こっちのブログの浮かばれない部分を、見事に昇華してくださいました。



で、このブログの中に出て来た「What's New」。

じぇじぇ姐さんが末のお子さんのお年の頃に、はじめて買って貰ったというアルバムの中に入っていた思い出の一曲。

この曲がきっかけとなって、コラボ記事を書きましょうって言われた訳です。

で、この時はまだ迷いの最中だったのですが、ふと、私が初めて好きになった洋楽って何だったっけ?と思い出してみたところ、やはり同じくらいの年齢の頃に手にしたコンピレーションアルバムの中に入っていた1曲。



モーリス・ホワイトの「I Need You」



ここで気が付いたのですが、やはりこの曲も手に入れられていない人を想う曲で。

しかもヘレンさんバージョンの「What's New」とは反対の男性側の気持ちを綴った詩。

フフフ・・・ε-(´∀`; )

もう苦笑いするしかなかったです。

何ですか?この符合はwww

おっさんs、一体いつから仕込みしてんの?って。

で、こちらも初めての手にしたアルバムの中の一番好きな曲が、手に入れていない人を想う曲でしたとお伝えし、そしてこの曲のこの歌詞の部分についてじぇじぇ姐さんとしみじみとしたのです。



「Who decides which one we love

Or when we're going to fall



一体誰が恋する相手とか、いつ恋に落ちるとかを決めているんだろう?」



ほんとに一体誰なんでしょうね!?こんな風に仕込んでるのは!?www



ほんと苦笑いで「分かった、書きます」って言うほかありませんでした。

今日この日の為に、何十年も前から用意していたのですか?

このような出来事は、運命・・・、とか、生まれる前からの約束・・・、と言われるようなものなのかもしれません。

が、おっさんsを通すと「仕込み」と言う表現がしっくりくるのはなんででしょーか?www

まぁ運命とかそんな胡散臭い言葉よりも、堅実で職人的な言葉の方がおっさんsには相応しい気がしますw



あんまりにも見事過ぎて、憎くもあり、愛おしくもあるおっさんs。

今だって、どうせ上で笑ってるんでしょう?

してやったりって感じで。

そして、あのドヤ顔が目に浮かぶのです。
f0351853_11484191.jpg
やっぱり、ちょいイラッとする絵ですね。。。





[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2014-10-13 05:00 | つれづれ | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica