おーくにさんの手。

ここ数日は、おーくにさんの手を中心に描いています。

色を塗って、消して、塗って、消して。

自分の手を眺めたり、写メにとってそれを眺めたり。

そうこうしていると脳裏に歌が流れてきました。



『~♪何から何まであなたがすべ~て 私をどうにか輝かせる為 苦しんだり~な~やんだり~して 頑張ってる~♪』



musica 「(苦笑)何ですか?おーくにさんwww懐かしい曲ですねー」

おーくにさん 「その歌詞の通りだよ。ここ数日は手しか描いてないではないか、ご苦労様」

m 「この絵の要ですからね~」

お 「ほう」

m 「説得力を持たせないと」

お 「そうか」

m 「はい。大抵の女性って、男性の大きな手、好きだと思うのですよ」

お 「うむ」

m 「愛する人のその手で頬を触られると、それだけで幸せに包まれる、みたいな。手ってそういうものですから」

お 「そうか」

m 「しかし!そんな我々の乙女心を逆手に取った、今月号のレ○ン(絵の資料)、見てください!『女の本音』特集ですって!『グラスを持つ大きな手にドキッとします・・・』『やっぱり指は一番見てしまいます』ですってwww『ラグジュアリーなウィンターリゾートなどでこんなスタイリングでシガーなど吸われた日には、女性はもう若僧には二度と戻れませぬ・・・』ですってwwwこれこそまさに※但しイケメンに限る、じゃないですかw現にこのコメントが付いた画像、外国のイケメンおじさまですよ!」

お 「そっとしておいてあげなさい・・・。そもそもその雑誌は女性が読む物として作られてはおらぬのだから・・・」

m 「フフフ。まぁ我々女性も『小悪魔メイク』とかそういうのありますからね」

お 「そうだぞ?整形メイクなるものもあるではないか」

m 「やだ・・・、おーくにさんったら詳しい・・・」





[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2014-11-15 05:00 | おーくにさん | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica