たびたび脱落。

寝る時は例の部屋に行って、スーさんと話をするのが日課となっています。



おっさんsとの接し方は何パターンかあって、思考を送られてくるパターンと、画像を送られてくるパターン等。

それから中身だけ連れて行かれるパターン。(これは、よその次元でリアルな世界と同じように行動出来ます。ちなみにリアルな体は停止状態です。)

あとは明晰夢のパターン。



ですが、例の部屋はこれとは少し違って、導入は空想のような気がします。

部屋のドアを開けて、庭を眺めていたスーさんが振り返って挨拶して・・・、というのがお決まりのパターンです。

導入時は自分目線ですが、その後は第三者目線になったり自分目線になったりと、コロコロと変わります。

言動もリアルな私の意思に基づいています。

なので、集中が途切れたり他に思考が浮かんでそちらに集中してしまう事もしばしば。

ハッと気がついて、思考を部屋に戻して・・・、



musica 「・・・すみません、ただ今戻りました・・・(´・ω・`)」

スーさん、読んでいた本から目を離して、

スーさん 「うむ(¬_¬)」



ちょっと気まずいのです。。。



ス「もう少し私に魅力があれば、君の意識をこちらに保っておけるのだがね(苦笑)」

m「いえいえ、十分魅力的でいらっしゃいます。・・・ほんとすんません・・・」





[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2014-11-20 05:00 | スーさん | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica