スーさんの御守りを作る。

スーさんが指定して購入した指輪をいつも身につけています。

指にはめられない時はポケットに。

寝る時は枕元に。



で、先日の事。

カシャーン!

ポケットに入れておいた指輪が床に落ちてしまいまして。



musica 「あっ!スーさんごめんなさい!」

スーさん 「気をつけなさい」

m 「はい・・・」

ス 「その指輪に私を宿してみるか」

m 「はい?」

ス 「気の使い方の応用編だよ。その指輪を机の上に置いてごらん」

m 「はい」

ス 「この指輪が私の光を放っていると想像してごらん」

m 「はい」

ス 「以上だ」

m 「はい?」

ス 「それでよい。私の分身が出来た」

m 「えー・・・」←不満気。

ス 「なんだね?その不満そうな顔はw」

m 「もっとこうあるじゃないですか、呪文とか、バサッバサッて振るやつとか」

ス 「ワハハ!本人が出来たと言っておるのになに故その様な儀式が必要なのかね?www」

m 「・・・」←ぐぬぬ的な。

ス 「その様な儀式は必要ない。私を呼び出す呪文なども必要ない。君の『ねぇ、スーさん?』という呼び掛けに応えなかった事があるかね?」

m 「おーくにさんの描き始め・・・」

ス 「あれは学びの一環であろう?それに私は君から離れた事は無いと申しておろう」

m 「・・・」

ス 「今回はイメージを使ってみたが、実際には君が『スーさんの気を入れて欲しい』と言えば私が横から入れる」

m 「じゃあイメージはしなくてもいいんですか」

ス 「まぁそうだ。今回は気の使い方を学んだのだ。あらゆるパターンを学びなさい」

m 「はい」



1時間後。



m 「ねぇスーさん、指輪が熱くて汗かいちゃうんですけど・・・」


ス 「以前君は私に触れたいと申しておったであろう?丁度良いではないか」

m 「・・・暑い・・・(´・_・`)」






[PR]
Commented by RIKO at 2014-12-17 09:16 x
musicaさん おはようございます!
気!この次元で生きてる私なんか「あれ?なんか○○さんが感じられないけど・・」なぐらいの感覚で、本当にそうなのかっていうのが後から分かる時があるのでなんだかしてやられた感みたいなのってあります。(というか今週実感中)musicaさんの記事をみて、気の違いが知りたくなってお願いしてみましたが、人間の感覚としての実感はよく分からずでした。(感度鈍くてごめんなさい状態です)
Commented by garoumusica at 2014-12-18 05:12
RIKOさん、コメントありがとうございます。

気はよく分からないですね。。。
分かっていたらそもそもこんなレッスンも無い訳でwε-(´∀`; )
自分に流された気しか分かりません。。。
Commented by RIKO at 2014-12-18 09:00 x
musicaさんおはようございます。
そうですよねー気を感じる練習ですよねー。つい色とかイメージに走っちゃうので気そのものの違いを人間的感覚でとなると私個人では今は難しいなと感じています。でも無意識での感覚ではちがうって分かる部分があるみたいだなというのを実践で知らされました。。。
あと、北の大地ですが、個人的妄想かもしれませんが昨日朝にでっかい龍さんが走っていて、今日も朝のご来光で金色の龍さんを見たりしているので、たぶんみえないさんも頑張って被害を少なくしようとしているのかなと思っています。私のいる場所は地域的に被害の大きいところとは離れているので気持ちだけでもあまり被害がでないように願うばかりです。
Commented by garoumusica at 2014-12-18 15:56
RIKOさん、コメントありがとうございます。

>つい色とかイメージに走っちゃうので

そうですねぇ、これをコントロール出来たらいいなぁと思います。集中すると光で視界が悪く危険なので車や自転車に乗れないので不便と言うか(´・_・`)早くコントロール出来る様になって一人旅に出たいです。

北の地方、収まってきている様で良かったですε-(´∀`; )
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2014-12-17 05:00 | スーさん | Comments(4)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica