お祓い☆レッスン 実技編。

本日は昨日のブログの続きです。



お祓いをする夢を見た日のお皿洗いの時間。

ふと気がつくと左斜め前に誰かの目元だけが一瞬見える。。。

ん?と思うと消える、の繰り返しで。

まぁ、スーさんが私に害がある存在をむやみに近づけたりしないだろう、少なくとも内部の人だろうという事で放置。

鬱陶しいんですけどね。



スーさん 「祓ってみなさい」

musica 「やっぱり内部犯・・・( ;´Д`)」

ス 「新しい技術を学んだら身につくまで繰り返すのが君流ではなかったかね?」

m 「そうですけど、知るだけで良かったんじゃなかったですか?(ー ー;)」

ス 「まぁ練習してみてもよかろう。試してみなさい」

m 「も〜、お皿洗ってる最中なんですけど・・・。相変わらず強引だこと(´・_・`)」



ビニール手袋をはめたままあの夢の自分を思い出して、左手を払いながら、



m 「去れ」



その瞬間、物凄い身震いの様なものが起きまして。



m 「今のでオッケーですか?」

ス 「駄目だ。今君は私と一体化せずに祓ったであろう?君の気を使用すると君は体調を崩してしまう。だから横から気を送らせてもらった」

m 「あー、その身震い・・・」

ス 「一瞬で構わないから私と一体化しなさい。そして君から出るのは私の気のみなのだと理解しなさい」

m 「理解」

ス 「そうだ。ではもう一度」



ポッと浮かぶ身知らぬ女性の目元。



m 「も〜・・・。去れ!」

ス 「うむ。もう一度」

m 「・・・それにしても、見ず知らずの人に『去れ』って命令形を使うのって変じゃないですか?『去ってください』?」

ス 「言葉と動作は実は必要ない。君の気迫でそれを体現できれば良いのだ。だがはじめは振りや言葉があった方がその態勢に入りやすいであろう?その為のものだ」

m 「なるほど。気迫だけで去らせる程の勢いは私には無いなぁ・・・。じゃあやっぱり動作と言葉は必要ですね。『消えて下さい』?」

ス 「君の領域を侵害しようとする者に対して、その言葉では気迫が足りまい?」

m 「うーん・・・。人権って難しい」

ス 「ワハハ!」

m 「まずはお皿洗いを終えるとこからはじめます」

ス 「うむ」

m 「ところでですね、このお祓いのポーズ、『なんでやねん』ですねw」

ス 「それこそ『なんでやねん』であろう」

アマテルにぃちゃん 「中途半端なツッコミだね」

m 「迷いがある感じ?」

ア 「笑いに保身など必要無い」

m 「己を晒し出さないと!」

ス 「・・・」



明日はイメージお祓い編です。





[PR]
Commented by RIKO at 2014-12-22 12:29 x
musicaさんこんにちは!
もしかして、、、そのお払い方法で集中したときに見えるカラフルな気も晴らすことができるのでは・・とか思ったのですが。
Commented by garoumusica at 2014-12-23 23:41
RIKOさん、コメントありがとうございます。

ね?どうでしょうね〜。出来たらいいですねぇ。。。こういう練習を繰り返していたら、いつかコントロール出来るようになるのでしょうか。出来るようになりたいな〜、とコメント欄を通してスーさんにお願いしてみるw
Commented by RIKO at 2014-12-24 12:48 x
メリークリスマス(イブ)!musicaさん。
今日はクリスマスイブなので、寝る前に靴下を枕元においておけばやさしいスサノオサンタさんがプレゼントをいれてくれる(かも!)しれないですよ!ドラえもん風にいうと「見えないめがね~」とかあるといいですよね~。あ、スーさんの気でみえないめがねか、脳みそのみえないスイッチを作ってもらうとか。(気ってそんな万能なのかな)スサノオサンタって描いたとたんあのとがった帽子に上下赤の服をきた、やたら体格のよいおじさんがチラつくんですが・・・
Commented by garoumusica at 2014-12-24 18:57
RIKOさん、メリクリです。

スサノオサンタさん。。。優しい人ですけど楽をさせるタイプじゃない気が。・゜・(ノД`)・゜・。
着実な歩みをさせられそうな気がしますε-(´∀`; )

サンタさんどなたでしょうね〜( ´ ▽ ` )ノ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2014-12-22 05:00 | スーさん | Comments(4)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica