おーくにさんの言葉。

長かったおーくにさんの絵もひとまず完了、予定。(←この記事を書いた時点では完成していなかったのです。)



ある日の国会中継を見ていた時に脳裏に浮かんだ画像を基に描いた今回の絵。

始めは怒っているのかな~と思っていましたが、描いているうちに様々な表情を見せてくださいました。

f0351853_01553777.jpg

musica 「何かひと言ありますか?」


おーくにさん 「まだ今の段階では完成していないから何とも言えないな」

m 「まぁそうですけど・・・」

お 「以前君がブログに載せなかった会話を載せてはどうかね?」

m 「あー・・・、あれはどうですかね・・・」

お 「あれは君にした話だ。それを前提に載せればよい」

m 「はぁ・・・」



で、以前の会話。

選挙前に候補者のプロフィールなどを見ていた時の事。



お 「君は政治家に感謝した事があるかい?」

m 「あー・・・、無いです・・・」

お 「君はそこから変えた方が良い」

m 「・・・」

お 「身近な人や職場の人、店員、すれ違う人などに気を使えても、国政に携わる人に対しては感謝をしない。君の思うような国政をしなかったからか?」

m 「・・・」

お 「君が思い描くような国政ではなかったとしても、君が住んでいる国の為に働いている人達だぞ?なぜ感謝をしない」

m 「・・・」

お 「スサノオ殿もいつも言うだろう?すべては波動だと。何故政治は別だと考えるのかね?」

m 「私一人ではないから」

お 「集合意識というものもあろう。だがこの世はすべて波動で出来ている。君の見ている現実は君の意識の反映だ。君が政治に関しては例外だと思えばその様になる」

m 「・・・」

お 「より良い国造りの為に政策に関して様々な意見が出るのは当たり前だ。時には腹立たしく感じる事もあろう。だが自分の国の為に働いている人に感謝する事はまた別の事だ。まずは感謝する事から始めなさい。君が普段の生活で感謝の気持ちを述べるように、彼らをテレビで見かけたら心の中で感謝しなさい」

m 「・・・」

お 「いいね?」

m 「はい」



という会話をしていたのですが・・・。



お 「君はいまだに政治家に感謝するという事が出来ていないようだね」

m 「忘れちゃって・・・」

お 「神には朝晩挨拶をするのになぜ出来ぬのか。人も神も本質は何も変わらぬのだぞ?人を神より下に見ているのではないかね?」

m 「・・・」

お 「もう一度言おう。まずは感謝するところから始めなさい」

m 「はい・・・」





[PR]
Commented by 金細工師 at 2015-01-19 15:02 x
musicaさん、こんにちは。背景がきれいな紫陽花に変わりましたね。さて、今日のおーくにさんのお言葉、私にもガツン、と来ました。皇室に感謝しても、政治家かぁ・・その視点はまるっきりなかった・・・。そして面白いなと思うのは『集合意識』についての話。全く別の方からそれについてを私も考えていたところでした。こうやって記事をアップしてくださってありがとうございます!
Commented by RIKO at 2015-01-19 15:32 x
musicaさん こんにちは!
私もいわれてみると政治家、やテレビにでてくる人々に感謝の気持ちはあまりもたないなと感じました。政治家じゃなくてもお笑い芸人さんとしても同じことですよね。またそれを報道している人々・・そう考えると、なんだか自分の身の回り以外もすべてが感謝の対象みたいな。そんな気持ちになりました。なんだかあったかい気持ちになれますね♪
Commented by garoumusica at 2015-01-19 18:48
金細工師さん、コメントありがとうございます。

この会話は何というかそういう考えもあるんだ的な会話でした。自分達の為に働いてくれているという発想が無かったのでwなるほどな、と思ったものです。

「集合意識」って分かるような分からないような。。。の段階なのですけどね。。。
Commented by garoumusica at 2015-01-19 18:51
RIKOさん、コメントありがとうございます。

そうですねぇ、すべてが感謝の対象なのですよねぇ。。。
私はその事を忘れてしまう事が多いので気を付けなければいけないです、はいw
思い出させてくださってありがとうございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2015-01-19 05:00 | おーくにさん | Comments(4)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica