夫婦というもの。

私がスーさんの呼び出しを受けて出かける神社は2つあります。

1つはスーさんが主祭神を務められる神社。

ミラクルな光画像を沢山用意してくれるのがこちら。

もう1つは大きな神社、の末社。

こちらのスーさんは新年の挨拶には来なくていいよとの事だったので、まだ会いに行っていません。

いつ挨拶に行くのかと言うと、



スーさん 「梅の季節になったらね」

musica 「はい、楽しみですね。甘〜い香りに包まれる幸せな時期です。でも人出も多いですからゆっくり出来ませんね」

ス 「まだ寒いからね、長居はせぬ方が良いのだ、風邪をひかせては元も子もない」

m 「次は桜の季節ですね」

ス 「我々の再会した季節だ。私の社の前も美しく咲き誇る事だろう」

m 「これまた人出が多いでしょうね」

ス 「なに、末社の桜まで見に来る者はそうおるまい。ゆっくりしていきなさい」

m 「はい。それから新緑のまぶしい季節」

ス 「高千穂だね。・・・?何故緊張しているのかね?」

m 「よく分かんないですけど・・・」

ス 「私がいるのだ、心配する事はあるまい。この為に治療もしておるのだ、何も心配する事はない」

m 「はい」

ス 「そして雨の季節。出雲での思い出に浸るのも良かろう」

m 「雨の音を聴く度に出雲大社を思い出します。優しい呪いは継続中」

ス 「フフフ、そして夏。君は暑いのが苦手であるから、買い物のついでにちょっと顔を見せに神社へ寄りなさい」

m 「はい。秋になったら気候も良いですしマッタリしに行きます」

ス 「待ってるよ。そして冬。まぁ今と変わらぬな」

m 「そうですね。何も変わらない日々ですがそれがいい」

ス 「何の変哲も無い日々を共に過ごし、そして振り返ればそれが特別で幸せな思い出となっている。それが夫婦というものだ」

m 「夫婦。いきなりレッスンですか?」

で、突然脳裏に流れ出す歌。



♪春も夏も秋も冬も 君の側にいるよ

もう悲しい顔しないで この胸にもたれて♪



m 「スーさんの胸にもたれる。実態が無いですからねぇ・・・」

ス 「例えばいま君がもたれているベッドのマットレス。そこに私が宿れば君に胸を貸していることになろう?」

m 「えー、それはどうだろう。・・・ハッ∑(゚Д゚)!『神様添い寝シーツ』?『神様抱き枕』!?(*゚▽゚*)」

ス 「君という者は・・・ヽ(´o`;」

m 「まずは大天使シリーズの添い寝シーツなんてどうですかね?エロは無しで、こう翼に包まれて眠るみたいな。あ〜、腕枕くらいはプラスしてもいいか。寝つきが悪い人とかちょっと不安を抱えている人が安心して眠れるような。『〜大天使ミカエルに包まれて眠る日々 天使の安眠をあなたに〜』っていうキャッチフレーズで」


f0351853_04182431.jpg





[PR]
Commented by RIKO at 2015-01-26 11:12 x
musicaさんこんにちは!
やっぱりそこは「抱き枕」じゃないですかね!!
安価に提供できそうですし。。。wなんてね。
Commented by garoumusica at 2015-01-26 23:43
RIKOさん、コメントありがとうございます。

抱き枕も魅力的(`・ω・´)+ですが、このシーツのポイントは翼に包まれて眠るというのがポイントで(`・ω・´)+。
安心安全安眠がコンセプト(`・ω・´)+なので、抱き枕だと残念ながら翼が表現できないのです(`・ω・´)+。

真面目に答えてみました(`・ω・´)+。
Commented by RIKO at 2015-01-27 11:42 x
musicaさん

シーツだと、羽根に包まれている感hあっても、抱きついている感が薄いとおもいます!!
ここは、シーツと抱き枕の特性を両方生かし。抱き枕に羽根をつけるではどうでしょうか。羽根につつまれつつ、抱きついているというか、天使や神話の神様の胸に頂かれてる感を味わえるという・・真面目ではないですがそれなりに需要ありそう感がいいですね。というかあの天使の羽根には安心感があったのか!?といまさら気付いた感です。
Commented by garoumusica at 2015-01-27 21:28
RIKOさん、コメントありがとうございます。

>シーツと抱き枕の特性を両方生かし

www
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2015-01-26 05:00 | スーさん | Comments(4)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica