呼び出し神社で末吉の巻。

昨日の話。

先日呼び出し(?)を受けた神社へ行って参りました。




結構古い神社でなかなか有名だそうで。

平日にも関わらず人出が絶える事がありませんでした。

拝殿からご挨拶をし、すぐ横におみくじがあったので引いてみる事にしました。

なんとお代が20円!

良心的です。。。

今年に入ってから大吉が3回続いていたので、今回はどうだろう?とちょっとワクワクしながらおみくじを開いてみたところ、



musica 「末吉・・・」


末吉?

末っ子の末?

イマイチな運勢って事?


スーさん 「流石だな」

m 「え?」

ス 「末吉を授けてくれるなんて、なかなか粋ではないか」

m 「?」

ス 「だってそうであろう?君は今年に入って大吉が三回も続いていたのだ。普通であれば今が最上で後は落ちるのみだ」

m 「はぁ・・・」

ス 「だがここの神は末吉を君に授けた。すなわち君の持つ大吉の運勢を最上のものとせず、それを基に末広がりとする運勢を授けた。大吉を基に更に発展していくのだ。これ以上の神託はあるであろうか?素晴らしいと思わぬかね?」

m 「なるほど・・・。すごいですね!ありがとうございます」

ス 「良かったな」

m 「はい、スーさんも解説ありがとうです」

ス 「フフフ。他には何と書いてある?」

m 「えっと、和歌が『波のおと 嵐のおとも しずまりて 日かげのどけき 大海の原』・・・スーさん由来な感じ・・・」

ス 「天孫降臨の地への旅は海路だと伝えたであろう?五伴緒神がその和歌を授けてくれたという事は、旅の許可を頂き、更には旅の安全は約束されたという事だ。喜べ」

m 「わぁー・・・。・・・」←インドア派なので乗り気でない。

ス 「・・・その下は何と書いてある?」

m 「授けられた自己の職務を熱心につくしなさい。・・・何でスカ?このオチは・・・」



f0351853_20494221.jpg





[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2015-01-28 05:00 | スーさん | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica