ベルトコンベヤー式幽体離脱。

時々起こる事。

寝て目が覚めた時、中身が2メートル位浮いている事があります。

こんな感じです。

f0351853_20505278.jpg

(もしかしたら、わざわざ絵にする程の事では無かったのかもしれない・・・)



で、なぜ浮いていると分かるかというと、その時は霊能力が開花しているらしく、目を閉じていても周りが見えるのです。

この状態だと、天井が目の前にある状態です。

普段はNO霊感ですが。

そしてゆっくりと下降して行って身体と一体になったところで、本格的なお目覚めとなります。

幽体離脱時に身体が横たわったまま移動している様子が、なんとなく・・・、



musica「解体される為にベルトコンベヤーで運ばれる牛肉になった気分・・・」

スーさん「・・・」

m「すごく機械的なというか・・・」

ス「相変わらず表現に趣の無い・・・。そもそも私が君に対してそのようなぞんざいな扱いをすると思うかね?」

m「ベルトコンベヤーで運ばれてるっぽいなって思ったのは確かです」

ス「私が君の好きなお姫様抱っこしているというのに・・・」

m「えー・・・。気がつけないお姫様抱っこはベルトコンベヤーと同じなのか・・・( ;´Д`)」

ス「・・・(´・_・`)。まぁそれだけ私が機械レベルの正確な動きをしているという事だなε-(´∀`)」

m「なんてポジティブな・・・。ところでスーさん、なんで私は自分の意思で幽体離脱とか出来ないんですか?ベルトコンベヤー式のみ?」

ス「あぁ、それは君が望んでいないからだ」

m「あー・・・。でも望まなくても幽体離脱出来るようになった人とかいません?」

ス「その者には役目があるという事だ」

m「役目がある無しはともかく、幽体離脱とか霊性の開花とか望む人もいますよね?」

ス「その者は恐らくそれを望んでいる状態が維持されるであろう」

m「望んでいる状態・・・。望んだまま開花しないって事ですか?」

ス「出した波動が返ってくるのだ。本当に霊性を開花させたいのならその思いを手放さなければならぬ」

m「うーん・・・、難しい」

ス「君くらい我々に興味がない方が、我々も接触し易いのだ」

m「ふーん・・・」

ス「だが、近頃は君の私に対するイメージが固まってきてしまったから、今はそのイメージを壊す時だね」

m「あー、きれいなスーさん」

ス「君の言う若作りスーさんもそうだ。例の部屋に入れさせないのもその為だ。なるべく形の無い光の状態で接するようにしている」

m「・・・」

ス「ほう・・・、ちょっと寂しいかw」

m「形がある方が近くに感じられるのかな?」

ス「光の状態であれば君と融合する事が出来、本質的にはそちらの方が親密ではあるがな」

m「うーん、人であるが故に」

ス「フフフ(苦笑)」




[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2015-02-18 05:00 | スーさん | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica