色々と応用が効きそうな、自分でヒーリング。

先日の話。



ちょっと、地元にある百均巡りをしましたら後で体調を崩してしまいまして。


何故かと言うと、百均の商品の塗装とか接着剤とかそういう化学物質を含む物に弱くて、外出をすると後で体調を崩す事があるのです。

で、椅子に座っているのももうダメだってなりまして、ベッドへ倒れ込んだのです。

ですが倒れ込んだ後に、いつも枕元に置いて寝ている自分でスーさんの気を込めた指輪とネックレス(リンク→スーさんの御守りを作る。を、椅子に掛けた半纏のポッケに入れたままだという事に気が付きまして。

いつも近くに置いている物が体調の悪い時に無いなんて、心細すぎる・・・。

でも、取りに行く気力もない。

ここはおじさまの出番・・・!



musica 「スーさん助けて・・・」



と心の中で呼び掛けて、ヒーリングのお願いをしたのです。

すると、



スーさん 「自分でしてみなさい」

m 「・・・」



体調が悪い時は反抗するという意識もありません。

なので早速、スーさんの光をイメージ。

するとスーさんの色の光が目を閉じた視界の外側から内側に向かって現れまして。

なので今度はその光を頭から浸透させていくイメージで身体の中に取り込みます。

私の身体の細胞ひとつひとつにスーさんのエネルギーが浸透していく・・・。

と、イメージしていたらいつの間にか眠ってしまったようで、気が付くと一時間経過していました。

そして身体を起こすと、あら不思議!

椅子に座っていられない位ひどかった頭痛は見事に消えていました。

さすがスーさん072.gif

このヒーリング法もなんだか色々と応用も利きそうな感じですし。

で、活動をしようと半纏を探すと、ちょっと離れた椅子に掛けたと思っていたのに、ベッドのすぐ横に置いてありました。

もちろん指輪やネックレスもすぐ側にあった訳です。



m 「また思考を操作されたのですか?」

ス 「物に依存せずに君が自分で私の気を使い身体を癒す方法を、その身体をもって学ばせたのだ」

m 「・・・」

ス 「君は気を使うという事に興味が無さすぎるのだ。私の気の使い方を教えてもその時だけではないか。それでは君は成長しない」

m 「・・・すみません」

ス 「それに君はその指輪やネックレスを近くに置いていないと寂しいと思うようになっている。物を大切にする事は良い。だがそれを精神安定剤にするでない」

m 「・・・だってスーさんに触れられないんですもん。たまに心細くなります」

ス 「・・・( ´・ω・)ノ"(´・ω・`)」

f0351853_04261458.jpg

これが百均巡りのお目当。

陶器の壁飾りです。

群れを作りたくて買い占めてます。






[PR]
Commented by 月洋 at 2015-02-20 07:13 x
なるほどなーと思いながら読ませていただきました。
「目に見えて触れられるもの」は、「目に見えないもの」よりは安心します…自分も。
信仰、とは違いますが、それをイメージして用意したブレスレットなり、アクセサリは、やはり安心します。セキュリティブランケットじゃないですけれど…。
…うまく言えないのですが。
まだまだだなーって思いました。
Commented by あき at 2015-02-20 08:18 x
フト。素朴な疑問です…
自分のボディーガードが誰か分からない場合、気になるわ〜って方で良いんですかね?
で、やはりそれは非物質界の方なら誰でも…と、言うよりは神様とか上の方が良いんですかね?
そりゃそうですよね(自問自答
…でもそうでなければ!は思い込みかも(自問自答
Commented by garoumusica at 2015-02-20 22:55
月洋さん、コメントありがとうございます。

なかなか難しい話ですよねぇ。
以前スーさんが『依存ではなく協力だ』と言っていましたが、どこまでが依存でどこからが協力なのかその線引きが難しい気がします。
まぁ自分で出来る事は自分で、なのでしょうけど。。。
Commented by garoumusica at 2015-02-20 23:01
あきさん、コメントありがとうございます。

以前人に(生きている人)聞いたことがありますが、そういう場合、自分の守護さんがその人のフリをして助けてくれるそうです。聞いた話なのでよく分からないですが。


名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2015-02-20 05:00 | スーさん | Comments(4)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica