風邪を引き寄せる思考。

昨日の話。


今描いている鉛筆画がいよいよ佳境に入りまして。

で、とても細かい所を描いているのです。

そうすると神経を使うようで突然脳が電池切れを起こしてしまいます。

突然の激しい眠気。

でもスーさんカラーの光が見えないので、今回はただの疲労。。。

なのでベッドに倒れ込み、そのまま掛け布団の上で30分位爆睡してしまったのです。

で、目覚めて作業に戻ったところ、



musica 「鼻水が・・・。風邪ひいたかな?」

スーさん 「コラ、そのような事を言うではない」

m 「えー・・・、でも鼻水が出てるのは確かです」

ス 「だからと言ってそれをすぐに風邪だと言うのかね?自律神経のバランスの切り替えかもしれぬぞ?」

m 「あー、モーニングアタック」

ス 「実際に風邪をひいた訳ではなくとも、君が『風邪をひいた』と言えば、君の身体は君の意に沿うぞ」

m 「えー・・・」

ス 「東洋医学で言う身体の基本的構成要素は何かね?」

m 「気・血・津液です」

ス 「そして以前君に言ったね?気は君の意に従うと」

m 「はい」

ス 「身体の構成要素に気があるという事は、その身体は身体の持ち主の意に従うという事であろう?」

m 「・・・」←ぐぬぬ。

ス 「そういう事だ。むやみに『風邪をひいたかも?』などと思わぬようにしなさい」

m 「はーい・・・」




[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2015-02-22 05:00 | スーさん | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica