自己イメージを塗り替えてみよう☆その2

割れっちまった悲しみに 今日も小雪の降りかかる

by 中原 musica 中也
f0351853_21372746.jpg

桜が割れた・・・。

うそん・・・。


昨日のブログに載せた桜のチャーム。

そのままではダサかったのでチェーンで作ったタッセルを無理矢理取り付けてみたら、貝で出来た桜が見事に割れてしまいました。。。

はー・・・。

2時間半が無駄に。

繊細な素材は性格に合わない。。。



はい、それでは昨日の続きです。

ス 「では自己イメージを変えていこうではないか。それに伴い君の身体は変化していこう」

m 「えー、また胡散臭い事を〜〜〜ヽ(´o`;」

ス 「そうかな?君は一度、その自己イメージ故に現実を変えた事がある」

m 「えー・・・」

ス 「4年前、薬の副作用で体重が2ヶ月で10キロ増えた事があろう?」

m 「あー、ステロイドを内服した時ですねぇ。。。体重は増えるは髪の毛は半分以上抜け落ちるはで大変でした。今は元通りになりましたが」

ス 「うむ。その姿を見た時の君の脳は、それを君だと認識しなかった」

m 「まぁ、そんな感じですかね・・・。髪の毛はスカスカだけど万遍なく残っていたので特に違和感は覚えませんでしたが、体重の増加に関しては面白い体験をしました」

ス 「うむ」

m 「その頃は月に1回の通院の時にしか外出していなくて、普段は鏡で全身を映す事は無かったので、10キロ太ってもあんまり実感は無かったんです。入浴時に洗面所で上半身を鏡に映して、ウエストのくびれが無くなったな~くらいで」

ス 「うむ」

m 「で、月一の通院の日に服を着替えたら、なんだか腕がきつい。おまけにスカートが太ももから上に上がらない。仕方ないのでウエストがゴムのスカートをはいて、出かける前に鏡で全身を確認してみたら、自分の記憶の中にある自分の姿と、鏡に映っている自分の姿が違う!服の着用イメージも全く違う!もう、魂が別の身体に入っているような感覚を覚えまして」

ス 「ほう」

m 「あまりにも急に太ってしまったので、脳に記憶している自分の姿と現実の差が激しくて、脳が自分だと理解しなかったようで。ものすごく違和感があったんです」

ス 「脳の中に記憶されている自己イメージが刷新されていなかった」

m 「多分そんな感じです。とにかく違和感違和感、なんか変だ、なんか気持ち悪いの連続で。でもこの違和感が無くなって新しい姿に脳が慣れてしまったら、元の体重には戻らないだろうという予感があったので、とにかくその違和感が無くならないように努めました」

ス 「うむ」

m 「それから何か月かは薬の服用が続いたのでダイエット等はしないで、とにかく新しい姿に慣れないようにこの姿は今だけのものだと自分に言い聞かせたり、服も普通の値段の物を体型に合った物に買い替えてしまうと、『服を買い替えるのにお金もかかったし、もうこのサイズの服に合う体型でいいや』って思ってしまいそうだったので、ヤ〇オクで落札した服を、とりあえず今着るだけの物として割り切るようにしたり」

ス 「脳が君の新しい体型を『自分自身の姿』として認めない様にしたのだね?」

m 「はい。今まで買った服を無駄にするのが本当に嫌だったので」

ス 「・・・」


明日も続きます。





[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2015-03-04 05:00 | スーさん | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica