自己イメージを塗り替えてみよう☆ラスト

自己イメージシリーズ、今回でラストです。




スーさん 「では改めて君の新しいイメージについて考えよう」

musica 「はい」

ス 「ひとまずのゴールを高千穂の地で元気に飛び回る君の姿とする」

m 「はい」

ス 「これが君の新しい自己イメージだ。君の脳にこれが正しい自分自身の姿だとインプットする事が出来れば、君が体重が増加した時と同じように今の君の身体の状態に違和感を覚え始める。この事は君は既に体験済みであるから身体で理解出来るはずだ」

m 「はい」

ス 「ではどのように脳にインプットさせるのか?それはスポーツ選手のイメージトレーニングと同じだ。臨場感を持ってその姿をイメージするのだ。これが自分自身だと実感できるまで。何度も繰り返し。今回は君が高千穂の地を苦も無く飛び回っている姿だ。その助けとして私は何度か君に高千穂の地の匂いを既に嗅がせてある」

m 「あー、先日何故か脱衣所が妙に森臭かった・・・」

ス 「森臭い・・・、まぁそれだ。る○ぶを見ながらその匂いを思いだし、実際にその地に立つ自分自身を思い浮かべるのだ」

m 「はい。・・・でももし不安がよぎったら?」

ス 「その件についても君は既に体験しどう対処すればよいか知っておる」

m 「えー・・・?」

ス 「薬の副作用で体重が増加した折、薬の服用が終わるまで自分の姿に違和感を持ち続ける為に君はどうしたかね?」

m 「あー」

ス 「『とにかく新しい姿に慣れないようにこの姿は今だけのものだと自分に言い聞かせたり』『ヤ〇オクで落札した服を、とりあえず今着るだけの物として割り切るようにしたり』。君自身がその質問に答えておる」

m 「つまり」

ス 「たとえ今体調が優れぬとしてもそれは今だけだと思ったり、もしくは自分らしくないな、と思えばよい。これは本来の自分自身ではないという事を理解すればよいのだ」

m 「本来」

ス 「そうだ。今は仮の姿だ」

m 「で、自己イメージが更新されれば自然と健康になるのですか?」

ス 「なる。実際にイメージ療法でガンが消滅したという話題を耳にしたことがあろう?」

m 「ありますが。。。」

ス 「まぁ今回の君の場合は自己イメージが更新されれば、その自己イメージに向かって、ゴールに向かって成すべき事が分かる」

m 「えっと・・・、それってイメージだけしておけば何もしなくても健康になれる!って訳じゃないって事ですよね?」

ス 「そうだ。君は体重を自己イメージに戻す為にきちんとダイエットをしたではないか。それはごく自然な、当たり前の事であったろう?」

m 「そうですけど・・・」

ス 「ゴールが決まればそのゴールへ近づく為に己が何を成すべきなのか自然と分かってくる。そしてそれをする事は苦ではないのだ。君が体験したように自己イメージと現実の自分が違う事事態が、脳にとって、君にとって苦痛でしかないからだ。そしてそれを元に戻す為に努力する事は苦痛ではない」

m 「・・・イメージさえすればハッピー☆ラッキーという訳ではないのですね・・・」

ス 「ゴールへと近づく為に行動する事が当たり前となる、であろうか。行動しないでいる事が、自己イメージと違う事の方が苦痛となるのだ。では君のゴールに向かって成すべき事は何かね?」

m 「うーん、体力作りの為に筋トレかな」

ス 「ほら分かっているではないかw」

m 「・・・」←ぐぬぬ。

ス 「君はすでに昨年の12月から全身のマッサージを始めているではないか。高千穂の地に行くまでに君は半年以上身体作りをした事となる。何の心配がある?」

m 「うーん・・・」

ス 「非物質の事に関しては我々に任せなさい。しかし物質に関する事は君の協力無しには成す事は出来ない。君の今いる世界に生きているのは君だからね」

m 「はい」

ス 「という事で1日1時間の筋トレだ」

m 「あー、はい・・・」




[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2015-03-08 05:00 | スーさん | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica