スーさんの仕事っぷり 下準備編。

やっと終わった自己イメージを塗り替えてみようシリーズ。

スーさんは非物質の事は我々に任せよと言っていましたが。

そんなスーさんの仕事っぷりは・・・?



最近の私のお気に入りは、乾麺の讃岐うどんを茹でたものにめんつゆとおろし生姜をかけて食べる事。

温かなうどんにめんつゆをかける、それだけでも行けますが、生姜を合わせると爽やかな風味がプラスとなってさらに食が進みます。

生姜は身体を温めてくれるのも良いですよねぇ・・・。



ある日めんつゆが無くなったの母に買い物のついでに新しい物を買って来てもらったのです。

で、特にパッケージを見る事もなく、あーおいし〜で終わっていたのですが。

自己イメージシリーズの連載が始まってからも讃岐うどんを食べたのですが、その時ふとパッケージを見てみると・・・

f0351853_16121363.jpg

えっと・・・、高千穂?



自己イメージを変えるきっかけとなったのは高千穂への旅が決まっていたからなのですが・・・。

それにしてもなぜめんつゆ!?

高千穂ってめんつゆの産地!?



スーさん 「高千穂の地の波動をその身体に馴染ませているのだよ」

musica 「高千穂の波動?」

ス 「以前君に屋久杉のブレスレットを作らせようとしたら、そのエネルギーに当たってしまったことがあろう?」

m 「あー、ありましたね~。(リンク→屋久杉でエネあたり中につき。。。)」

ス 「あれも九州のエネルギーに慣れさせる為の物だったが、君は見事に反応してしまった」

m 「先月になってようやくブレスレットにして、ずっと机に置きっぱなしですが・・・。エネルギーに慣れさせる為の物だったのですね」

ス 「そうだ。君は何故自分がこのブレスレットを机の上に置きっぱなしにしているか不思議に思いつつもそのままにしていたが、それは私の意向故だったのだ」

m 「また操られてたのか・・・」

ス 「そしてそろそろ君の身に高千穂の地の気を馴染ませようと、その地で作られた物を用意させたのだ」

m 「母まで操って・・・」

ス 「操ったのではないぞ?彼女は私の意向を察知してくれたまでだ」

m 「物は言いよう・・・」

ス 「まぁ、おいしく食べて更に気も高千穂の地に合わす事が出来るというのは一石二鳥であろう?」

m 「まぁそうですね、はい、ひと口どうぞ」

ス 「ありがとう、次はシソを刻んだ物を入れてみてはどうかね?」

m 「あー、おいしそう・・・って何催促してるんですか・・・」





[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2015-03-09 05:00 | スーさん | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica