日向神話ってなんですか?

本日も旅シリーズです。



スーさん 「で?君はいつあの本を読むのかね?」

musica 「あー、いつか買わされた本ですね・・・」




m 「写真は見ましたよ!」

ス 「・・・」←無言で圧力。

m 「・・・。(本を開く)ほう、日向神話関連地図ですか。ところで日向神話ってなんですか?」

ス 「君が唯一読んだ古事記で言えば」

m 「あ、チクリしたw」

ス 「君が唯一読んだ古事記で言えば(強調)、天孫降臨から神武天皇の東遷に関するところだ」

m 「日本書紀は結局手つかずですしね・・・。あれ?霧島の所に高千穂峰って言う表記が。(wikiを開く)ん?天孫降臨した山って書いてありますが・・・」

ス 「そうだ。それ故旅程に組み込んだ

m 「・・・」

ス 「君は霧島神宮から招待されたしな」

m 「一体何の為に?」

ス 「Life is adventure.」←いい声。

m 「それ『マッサン』じゃん!」

ス 「ハハハ!何事も経験だ、行ってみなさい」

m 「もー・・・。(本を読む)『記紀の日本神話は、高天原神話・出雲神話・日向神話に分かれていて』、今度は記紀ですか・・・」

ス 「読む本がいっぱいだな」

m 「『・・・日向神話は遥かに具体的な記述に富んでいて、神話と歴史を結ぶ接点にある』。確かに神武天皇はの東遷の部分は血生臭くて読みにくかったです」

ス 「神話と史実の融合だね」

m 「はい」

ス 「その神話と史実の関連を追う旅をまとめたものがその本と言う訳だ」

m 「はぁ~、何から何までお膳立てをしてあるという事ですね・・・」

ス 「と言う訳でさっさとその本を読みなさい。読み終わるまで絵を描く事を禁ずる(`・ω・´)」

m 「横暴な・・・(‐ω‐;)

ス 「ところでお膳立てと言えば、君、分かっているだろう?」

m 「・・・いつかの楽〇お買い物マラソンの時のポイントが5000円分入ってました・・・」

ス 「(首を振りながら)何とタイミングの良い事か・・・。それを入門用の篳篥を購入する際の足しにしなさい。君の負担分は2000円程度に留まる」←神様スマイル。

m 「あの、私、御朱印帳をこのポイントで買いたいんですけど・・・」

ス 「朱印とは参拝をした証であろう?何もその様な証など残さずとも君の心の中に、魂の中に参拝をした事実はいつまでも残ろう・・・。そして何より我々が覚えておる・・・

m 「なんですか?その神様モード・・・( º_º` )


この後篳篥をポチりました・・・。




[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2015-03-26 05:00 | つれづれ | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica