スーさんと須佐と星。

以前より気になっていた場所があります。



それは今の大河ドラマの舞台となっている萩にある須佐という場所。

昨年出雲に行く時に須佐神社についてネットで調べていたら、たまたま出て来たもので。

調べてみるとやっぱりスーさんが立ち寄ったとされる場所だそうです。

その時はへぇ、こんな所にも立ち寄ったのね、くらいでしかなかったのですが、今なんとなく調べてみまして。



こういうサイトがありました。

このサイトは色んな人が萩に関して色々な書き込みをしているようですね。

それによるとこの須佐という土地は、俗に言うスサノオ族と呼ばれる方々が朝鮮から渡って来て、彼らが出雲へ移るまでの主要な地だった?かも知れない?との事。

うーん、神話なスーさんではなく実在した一族に関する土地という感じですね。

他にもスーさんの正体について、イスラエルから来た一族だと検証されている方もいらっしゃいました。リンク→「スサノオの命」の正体に迫る!



ところで古事記のスーさん以前のスーさん、今はスサノオとして活動しているスーさんの本来の姿ってどんなのなのでしょうね?

どこかの土地からやって来た人達を神格化させる為にスサノオとされたスーさんではなく、本来の土着の神としての姿。

きっとどっかの星からやって来た○○という存在、とかそういう風になってしまうのでしょうけどw

そのうち教えてくれるんですかね?

www



あ、今思い出しましたが、その昔、厳島神社の回廊のようなところで肌の色が青みがかった薄い灰色をして、華やかな花魁のような恰好をした(髪形もそんな感じ。とてもきれいな銀色のストレートな髪)それはそれは美しい男女が優雅にお酒を飲んでいるところを夢で見たことがあります。。。

明らかに日本人ではなく、私を含めた一般の日本人が『あ、○○様達だわ』みたいな感じで羨望を込めた眼差しで見ていました。

このタイミングで思い出したという事はちょっとしたヒントなのでしょうか?



今日は地名に因んだスーさんの伝説を検証するうちに、地球を飛び出してしまったというつれづれ話でした。




[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2015-04-08 05:00 | つれづれ | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica