須佐の記事を~(略) 松陰神社編。

という訳で、突然決まった萩への旅。

萩へ行くなら須佐へ行きたい。。。

でもなんて言って連れて行ってもらえばよいのか分からず。。。

同じ萩市内でありながらも、うちから萩の市街地へ向かうのと須佐へ向かうのでは、倍近く時間が違うのです。

いきなり須佐に行きたいと言っても難色を示すだけ。

最近の母はスーさんがどうしたのかは分かりませんが、神社の建物を見るのが好きになったようなので、須佐に何らかの神社があれば連れて行ってもらえると思って検索をしてみるものの、母の琴線に触れそうな神社は残念ながら見当たらず。

なので博打ではありますが、当日萩まで行った上でその流れで須佐まで行ってみない?と交渉してみる事にしました。



で、翌日。

まずは一般的な観光をする事に。

松陰神社です。

f0351853_18451482.jpg

神社にお寺のマーク?

f0351853_18460435.jpg

これは吉田家の家紋のようです。

五瓜に卍(ごかにまんじ)というのだそうです。

神社に寺院のマーク。

ちょっと面白いですね。

拝殿の屋根にちょうど良いタイミングで太陽が来ました。

f0351853_18493110.jpg

ついでに同じ敷地にある松下村塾。

f0351853_18531929.jpg

この狭い空間に血気盛んな若者たちが集い、討論をし、成長していったのかと思うと、ちょっと胸アツでした。



そしてお腹が空いたので『萩しーまーと』という、漁港に隣接する道の駅で新鮮な魚を食べに行きました。

鯛といかの刺身を食べましたが、ほんとにおいしかったです。。。

で、ここから交渉開始。

母は角島大橋へ行きたいと主張。

オゥ、須佐と正反対。。。

正直私もそっちの方に行きたい。。。

でも今日はダメ!

なのでここで私は意味不明な論理を展開。

角島は初夏にこそ行くべき場所だと!←適当。

だから今日は須佐に行こう!

須佐ホルンフェルスが観たい!←そうでもない。



本当はホルンフェルスの側にそびえる高山に行ってみたかったのです。

この高山、昔は神山と呼ばれていたそうで、なんでもスーさん由来の山だとかなんとか。

なのでその地に立ってその場所から須佐湾を望んでみたいと思ったのです。

荒唐無稽な論理を振りかざし、なんとか母を説き伏せる事に成功!



明日は須佐編です。




[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2015-04-10 05:00 | つれづれ | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica