須佐の記事を~(略) 萩~須佐編。

本日の本館ブログは、昨日の記事に出て来た松下村塾への妄想タイムトラベルですw

よかったらご覧ください。→松下村塾 入塾体験。



はい、という訳で内容を戻しまして。

萩から須佐へと車を走らせます。

そして突然目に飛び込んで来た美しい海!

f0351853_18593886.jpg

何コレ、美し過ぎます。。。

海の青さと空の青さが何とも言えません。

f0351853_20493572.jpg

色の移り変わりが美しい・・・。

この美しい海の側を車を走らせながら須佐へと向かいます。

で、須佐ホルンフェルスへ到着。

f0351853_19001090.jpg

本当にきれいな空と海。

でも風が強い!!!

そして寒い!!!

この日は13度くらいまで上がりましたが、風がものすごく強くて寒かったです。。。

母は寒さのあまりあっさりと車まで戻りました。

私は1人で探索。

この海沿いを歩いていくとホルンフェルスが見えてきます。

f0351853_23415045.jpg

この崖の所まで歩いて行けるのですが、革靴だったので滑って海に落ちたら大変なので断念。

やはりスニーカーは必要ですね。。。

なのでしばらくぼんやりとこの地に立って、海の向こうを眺めていました。

f0351853_21070233.jpg


この海の向こうから人々がやって来て、縄文の人達と融合したり支配したり。

新しい文化がやって来たり、文化が失われたり。

きっといろいろな事があったのでしょう。

そしてそれは神様にとってはほんのわずかな時間。

我々にとっては悠久の時間。

いずれにせよ、いつの時代もこの海は変わらず美しいのだろうと思ってみたり。

今回のスーさんは本当に強引ではありましたが、この海を見て思う事はただただ、



musica 「スーさん、この景色を見せてくれてありがとう」

スーさん 「うむ」

m 「でも無茶は禁物です」

ス 「我々の仕事を抜きにしても、君にこの景色を見せてあげたかったのだよ」

m 「分かってますよ」



いつも通り何か特別な事をした訳ではありませんが、高山の麓に立って海を望む、それだけで心が洗われた様な気がしました。



そして帰り支度。

カーナビを自宅までセットをした所からが本番でした。。。



という事で、明日は予想外の出来事です。




[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2015-04-11 05:00 | つれづれ | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica