信仰の対象の生まれ方 その1。

うちのベッドサイドの帝王、大黒おーくにさん。

シーツの替え時なんかを教えてくれます。



おーくにさん 「今日あたりシーツを換えなさい」

musica 「あー、今日は20日か・・・、はい・・・」←めんどくさい。



で、一昨日の話。

お風呂上りに頭痛がし、ベッドへごろんと横になった時にふと目についた大黒おーくにさんの像。

なんとなく「頭が痛いんですよ~」と心で話し掛けた時、



お 「打ち出の小槌に額をつけなさい」

m 「え~」



で、とりあえず打ち出の小槌におでこをつけて、しばらくして額を離すと、



m 「痛くない・・・」



なんと!頭痛がなくなったのです。

打ち出の小槌ヒーリング!

新しい・・・。

新しいけど、ご家庭に大黒さんの像がある家って少ないと思われるので、多分広がらないwww

イメージでもイケるのかな?などと妄想してみたりしました。



そして時は移って昨日のお風呂タイム。

打ち出の小槌ヒーリングを思い出しながら、おーくにさんと会話。



m 「姪っ子ちゃんがおまじないとか分かるようになったら、打ち出の小槌ヒーリングを教えてみようかな?」

お 「子供は思考に余計なフィルターが無いから、効果はすぐに出るだろうね」

m 「そしたら姪っ子ちゃんが姉に話して、姉が試して効果があったりしたら母が試して。そしたらきっと友達におしゃべりをして・・・」

お 「身体に不調を抱える人が来るかもしれない。当然君は断れない。そしてそれでもし良くなったとしたら、噂が噂を呼び君の家に人々が押し寄せるだろう」

m 「えー、それは嫌だ・・・」

お 「そしてご利益のあった人なんかがお礼の品を持ってくる。当然君は断るだろう。だが君が断ったとしても『大黒さんに供えてください』『これは大黒さんに対するお礼です』等と言われると、君は受け取るしかなくなる。君には断る権利が無いからだ」

m 「あー・・・」

お 「そして品物を受け取り慣れた頃に『これで社を建てませんか?』『気楽に集う場所が欲しいから』等とお金が集まりだす。君もいちいち家に人を上げるのが大変だからとそのお金を受け取り社を建てる」

m 「恐ろしい。負じゃないけど負の連鎖・・・」


お 「この様に信仰の始まりというものは、ほんの小さな出来事から始まる」




明日も続きます。





[PR]
Commented by あき at 2015-04-22 09:54 x
す、すごい説得力∑(゚Д゚)
納得してしまいました。

>打出の小槌ヒーリング

何て斬新な…うち大黒さん居てはる( ̄▽ ̄)
子どもに上手いこと言って試してみます。
Commented by garoumusica at 2015-04-22 19:04
あきさん、コメントありがとうございます。

おぉ、お試しのチャンスですね・・・。
でも子供にはお母さんの「痛いの飛んでけ~」が一番効きそうな気が(●´艸`)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2015-04-22 05:00 | おーくにさん | Comments(2)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica