信仰の対象の生まれ方 その3。

本日も昨日のブログの続きです。



おーくにさん 「守秘義務だよ。『業務上知り得た情報を何ぴとたりとも口外してはならない』当たり前の事だ。君だって嫌だろう?君の内情をペラペラと他人にこぼす様な神はw」

musica 「アハハ!イヤだ~」

お 「そしてこの事は我々のような存在と接する時の、ある種の指針となろう」

m 「指針ですか」

お 「そうだ。我々の仕事は人々や地球のサポートに尽きる。チームmusicaにおいては君の人生の目的である『経験する事』を念頭に置いて、我々は君のサポートをする」

m 「はい」

お 「だから何でも彼んでもペラペラと話したりはしない。何故なら君の人生の目的が全うされないからだ。だから君の未来に関する事や第三者の情報を漏らす者は、君の為に動いている者ではないと分かる。倫理面でも問題があると言えよう」

m 「なるほど」

お 「だがヒントはちょこちょこ与えている。スサノオ殿の言う『このブログを事ある毎に見直せ』という言葉がそのすべてを表している。あの方の優しさだね」

m 「ふふふ。ところでちょっとした疑問なのですが、スピ系の人達の中には人の情報を読み取る人がいますよね?あれはどうなのですか?」

お 「君は毎年第三者に自分のガイドと接触してもらって、翌年のアドバイスを貰っているね?」

m 「はい。ヘミシンクのまるの日さん。おっさんsと接するようになる前から毎年ガイド拝見してもらってます」

お 「東京に居る時もたまに霊能者を呼ばれる者に霊視をしてもらっていた」

m 「はい、身体についてです」

お 「これらの場合はみな君から依頼しているではないか。つまり君が依頼した時点で君の情報を取得する事を、君がその相手に許している事となる」

m 「なるほど」

お 「それでも我々の許可した範囲のみだがね。物事には時機というものがある。君の場合で言えば、我々と自分で接する事が出来るようになるまではその時機ではなかった。だからいくら評判の良い者に頼んでも、君の期待した結果は得られなかった」

m 「随分お金を使ったのに・・・」

お 「君がそういう者の所に行った時に相手は驚いていただろう?」

m 「はい、なんか守護さんが大勢で押し掛けたようで・・・。今でいう所のおっさんs・・・」

お 「フフフ、皆君と会話をしたかったのだよwさて、話が逸れた。話を信仰の対象に戻そう」

m 「はい」

お 「火曜日に私の祀られた神社へ行って何を感じたかね?私の存在を感じることは出来たかね?正直に言ってごらん」

m 「さっぱり分からなかったですw」

お 「君の心惹かれた場所はどこだった?」

m 「えーっと・・・、すみません、ご神木の所です」


f0351853_04454045.jpg

お 「何も謝る事は要らない、君が感じたものは君のものだ。君は何故この木に惹かれた?」

m 「生命力ですかね?命、エネルギー、そして大地。この木の葉が地面に落ちて腐葉土化したのか地面がとてもフカフカで、その感触や自然に還るという地球のサイクルといったものにも感動を覚えたというか・・・」

お 「君は自然そのものに神聖を感じたと言う事だ。それはスサノオ殿の教えを実践しているという事だ」

m 「うーん、でも神様を感じたいというのもある」

お 「我々という神や仏という存在を心に宿さなければこの世に希望を見出せぬ時代もあった。または人が人の下について学び、導かれる事が必要な時代もあった。仏教の新しい宗派が誕生したその背景を思い浮かべるがよい」

m 「その時代に希望が持てずに死後の世界に希望を託すといった事があったそうですね」

お 「そうだ。だが今は違う、一人一人が各々の中に神聖を見出せる時代となった。特定の形に縛られる事なく自らの中に、自然の中に神聖を見出せる時代だ



今日も終わらなかったです・・・。

昨日、待て次号!などといった自分がちょっと恥ずかしいです・・・(´・ω・`)。

多分明日あたりで終わりだと思います。




[PR]
Commented by 月洋 at 2015-04-24 06:08 x
今回の話題、好きです。
なので次回が終わり、だったらちょっと寂しいです(笑)
なるほどねーと思いながら読んでます。

写真が綺麗だなと思いました。優しい感じで。

そうだ、こちらにも桜も梅もきました!
Commented by garoumusica at 2015-04-26 04:27
月洋さん、コメントありがとうございます。

今回の話題はなんてコメントしたらいいのか難しい内容でした(´・_・`)

写真、良い感じで太陽が出てくれました( ´ ▽ ` )ノおーくにさん、お見事です。

おぉ、花が咲きましたか〜。これから良い季節ですね!こちらは盛りがツツジへ移行しました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2015-04-24 05:00 | おーくにさん | Comments(2)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica