スーさんは祟るのか聞いてみた件。

ここ最近続いている神社やお寺に対する油かけ騒動。

ちょっと不思議なのは、この犯人は神の祟りが怖くないのかな?という事。

私なんかは、小さい頃から「バチが当たる」と聞かされていましたから。

なのでちょっとおっさんに質問です。



musica 「ねぇスーさん?スーさんは犯人を祟ったりします?」

スーさん 「君はどう思う?」

m 「うーん、今まで接してきた中から考えると、祟らないと思う・・・」

ス 「残念そうだね?」

m 「犯人がこういう事は止めようと思う様な出来事はあって欲しいかも・・・」

ス 「勿論このような事が起きてしまって悲しいと思うよ。でもね、我々が祟るかどうかは別問題だ」

m 「別?」

ス 「犯人に罰を与えて欲しいと願っているのは誰だね?君だろう?」

m 「あー・・・」

ス 「そこを間違えてはいけないよ?神が祟るのではない。祟りたい、罰を与えたいと願っているのは君達人間側なのだ。自分達の大切な心の拠り所の様な物を汚されて怒っているのは君達なのだ」

m 「そうか、神様が祟る、怒るから何々をしてはいけないって言うのは、恐怖政治と似たようなものなんだ」

ス 「そうだ。人をコントロールしたいのは誰だ?それは人だ。その為に我々を利用しているにすぎぬ。そこを間違えてはいけない。人が神の名を使って人をコントロールする時代は終わりだ」

m 「・・・」

ス 「しかし世の中というものは不思議なもので、祟る神が好きな者には祟る神として現れる。私だって人によっては祟り神の一人とされている」

m 「アラヤダ、こわ~いw」

ス 「君にとってはおとんだw」

m 「フフフ」

ス 「今の時代は神ですらオーダーメイドだ。君の好きな神を選びなさい」




[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2015-04-28 05:00 | スーさん | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica