気に時は関係ない、について。

先日書いた記事でスーさんが「気の世界に時間は関係ない。距離も関係ない」と言っていたのです。(リンク→離れた土地と繋がる方法。

それを聞いてふと思った事があるので聞いてみました。



musica 「ねぇスーさん?『気の世界に時間は関係ない。距離も関係ない』って言われてましたけど、時間も距離も関係ないなら大昔の気にも繋がる事が出来るって事ですか?」

スーさん 「そうだ。以前君が須佐の海の側で、その地に立つ神話の私と共に立つイメージをした。その時君の気はその時代の気と交流していたのだ」

m 「うーん・・・」

ス 「今君は宮崎や霧島のガイドブックを見ているが、ここはちょっと行きたくないと思う場所があろう?」

m 「あー、はい。古墳ですね・・・。古墳って別に嫌いじゃないんですけど、そこの古墳はいつも画像を見た瞬間に良くない感じの鳥肌が立つ・・・。何故かは分かりませんが」

ス 「それはその古墳を建設した当時の気と君の気が合わないからだ。今のその場所の気が悪いと言っているのではない、当時の気と君の折り合いが悪いのだ」

m 「花もたくさん植えられていて美しいのですけどねぇ・・・」

ス 「君は無意識でその建築当時の気に繋がってしまうのだ。君が古代に想いを馳せると自動的にね。古墳には沢山の死が関わる。今現在の気なら問題は無いがその当時だと問題がある。だから何でもかんでも古代の気に繋がるのは考え物だ」

m 「無念の死を遂げた人もいるでしょうしね・・・」

ス 「第三者目線で対するのならばまだ問題は少ないが、君は自分の気と一体化させてしまう。一体化した上でその気を味わおうとする。その一体化した相手が我々のような存在ならば何も問題は無く、むしろ君のプラスとなる。だが、繋がった先が大勢の人々の無念の思いや怨念だとしたら、少なからずその気の影響を受けよう」

m 「うーん・・・」

ス 「君の場合の問題点は、何事も無意識という事だ。もっと意識的に気を使ってはどうかね?」

m 「うーん、無意識なので対処が分からない」

ス 「だからもっと意識的に生きよと言っているのだ」


m 「・・・(´・_・`)」



気の使い方の問題かと思ったら、生き方の問題でした。。。





[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2015-04-29 05:00 | スーさん | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica