より良い死に様へのサポート。

昨日の大河ドラマの再放送、吉田松陰の最期の姿を見て。



musica 「やっぱり松陰先生にはもっと生きて欲しかったなぁ・・・。もっと人を育てて欲しかった。でもこれって、生まれる前に決めて来た彼の人生のシナリオ通りなんですよね?」

スーさん 「そうだ。彼は彼の人生を見事に生きたのだ」

m 「もっと生きて欲しかったと思う私は、守護さんにはなれそうにない」

ス 「その様に割り切れぬのも人というものだ。今の君は人なのだから人らしく生きればよいと思うがね」

m 「そうですけど・・・」

ス 「人を守護する役目の者は、その者が生まれる前に決めたシナリオを全うする事が出来るようサポートをするのが務めだ。なにも長生きする事だけが善ではあるまい?」

m 「人の一生に寿命の長短は関係ない、ですね」

ス 「そうだ。その寿命が長かろうが短かろうが、その者の生まれた目的を達成出来ればそれで良いのだ。特に彼はその死によって啓発を促す役目があった。その死に様が多くの者に感銘を与えたのだ」

m 「より良い死に様へのサポートか・・・」

ス 「フフフ。君の人生は前半に多くのイベントを詰め込んだ。辛い事もあっただろうが、それは今と言う時、そしてこれからに向けての準備であったのだ。我々はそれが分かっているから君に辛い試練も与えられ、見守る事が出来る。頑張れ、これを乗り越えられれば君は強くなれる、とね」

m 「甲子園球児の練習みたい・・・」

ス 「つらい練習を乗り越えた者だけが甲子園のマウンドに立てるのだぞ?素振り千回だ!」

m 「何の話でしたっけ?」

ス 「ハハハ!なに、君が少々悲しそうに見えたものだからね、ジョークを言ったまでの事。君は人らしく生きなさい。それで私は満足だよ」


f0351853_03443763.jpg

松蔭神社です。





[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2015-05-03 05:00 | スーさん | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica