蛭児神社。

蛭児神社。

鹿児島県の霧島市にある神社です。

祭神は蛭児(ひるこ)尊。

古事記によりますと、イザナギさんとイザナミさんの間に生まれた初めてのお子さんで、身体がふにゃふにゃでヒルの様だった為に舟で海に流されてしまった神様です。

この文を読むとヒドイ事するなぁ・・・と感じるものの、昔は障害のある子を育てるのは大変だったんだろうなとも思います。。。

で、その蛭児尊さんが舟で戻ってきた時にはえびすさんになって戻られたそうです。

あらビックリ!

七福神の中にいらっしゃるから、てっきり仏教関係の人だとばかり思っていました。



で、その蛭児尊を祀った蛭児神社。

何故本日のブログで取り上げたのかと言うと、ここの神社から飛び道具(気を送られてくるの意)を使われたからですw



早速住所を調べると鹿児島神宮の近くで、霧島神宮へは行くものの、残念ながらこちら側へは行く予定がありません。。。

でも一応何があるのかなと思って調べてみると、奈気木(なげき)の森という森がすぐ側にあるようです。

由来はというと、天磐樟船に乗せて流され姶良郡隼人町の岸に流れ着いた蛭児尊。

やがて船の楠材から枝葉が延びて、楠の巨木に成長。

そしてこの地に蛭子神社が祀られ、その森を「嘆きの森」と呼ぶようになったそうです。。。

なかなか興味深いですが、あいにく霧島神宮より南は行かない予定なので、大変申し訳ありませんがまた今度という事で、スーさん。。。



で、昨日氏神様と末社のスーさんに旅のご挨拶をしてきまして。

で、末社のスーさんのとこで旅に関するメッセージをください、大吉接待は無しでお願いします、とお願いしながらおみくじを引いたところ、



『夕立の 雨やまなくに 日は暮れて

  行きなやみたる 山の坂道』



雨キター(゚∀゚)ーwww

すっごいタイムリーw

で、内容は、



『あせればあせる程苦しみ多く、さわげばさわぐ程損をする。けれど何事も控えめにして心静かに身を守り、信心怠らなければかえってあとは大の幸福あり』



フフフw(* ´艸`)

雨の心配ばかりせずに君自身と私を信じろ、と言っているスーさんの姿が目に浮かぶようですwww

流石スーさん、ナイスなおみくじです!





[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2015-05-16 05:00 | つれづれ | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica