神話に関する本、二冊。

最近読んだ本が二冊あります。

一冊はこれで、もう一冊はこれです。



初めの一冊はスーさんに関する神話について「渡来系氏族がもたらしたユーラシア北方の英雄叙事詩を利用して、史書編纂者たちは新しい神格を創り上げた」としています。

比較神話学という、様々な異なる文化に属する神話を比較し、普遍的なテーマと性質を見いだすという学問がスーさんの謎を解き明かしていく内容です。

この本の冒頭で本来のスーさんは、出雲の片隅にひっそりと住み、農業を愛する神にすぎない、と書かれています。

これは英雄色のまったくない、出雲国風土記に書かれているスーさんを基に書かれています。

そのスーさんが何故古事記や日本書紀にてよく知られているキャラクターへと変貌していったのか、という事が比較神話学を用いて解き明かされています。



もう一冊の方は、スーさんは実在した人物だったとして、神社に残された記録を片っ端から検証し、その足跡を解き明かしたものとなっています。

例えば、スーさんは西暦120年頃に島根県平田市付近で生まれ、20歳頃に稲ちゃんと恋仲になり、稲ちゃんがオロチ族という豪族に無理矢理結婚させられそうになったところを、スーさんが奇襲し稲ちゃんを奪還・・・、という感じです。

こちらの本では、出雲国風土記にスーさんの記述が少ないのは、天孫系の人達による圧力によるものだったとしています。

この違いが面白いですねw



・・・。

記事を消されてしまいました・・・(´・ω・`)。

この本に書かれているスーさんについて記事にしてのですが、そこの部分が全部消えました・・・。



musica 「・・・」

スーさん 「君が接した私ではなかろう」

m 「そうですけど・・・」

ス 「君が接していない私を記事にして、君はどう責任を取るのだ?それにブログを読んでいる人に混乱を与えてしまうだけだ」

m 「はい・・・。口で言ってくれてもいいのに」←ボソッ。

ス 「君は口で言って言う事をきくかね?」

m 「きかないですね!(`・ω・´)+」

ス 「・・・そういう事だ」







[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2015-05-19 05:00 | スーさん | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica