日向神話を巡る旅 皇子原神社編。

2日目の1社目は皇子原(おうじばる)神社です。



赤いアイコンが皇子原神社、青いアイコンが狭野神社です。



皇子原神社。

狭野神社の境外末社で、ご神祭は神倭伊波礼琵古尊(かむやまといわれひこのみこと)、神武天皇です。

この神社は神武天皇の生まれたとされる場所に作られています。

f0351853_12111561.jpg

鳥居。

宮崎は朱色の鳥居なのですね。

f0351853_12104514.jpg

鳥居をくぐるとこんな感じです。

昨日の豪雨の痕が。

f0351853_12114682.jpg

枝が沢山折れて散乱していました。

激しかったですねぇ・・・。

でも地球らしいエネルギーが増しているような感じでした。



そしてお社。

f0351853_12110311.jpg

こじんまりとしたかわいらしいお社です。

写真は撮らなかったですが、この社の背後に神武天皇のお母さん・玉依姫が彼のお産の時にしがみついたという産婆石(うべいし)があります。



そしてこのお社の背後には皇子原古墳群があり、再現された古代住居が。

f0351853_12113078.jpg

こんな銅像があるなんて知らなかったので、見た時はかなりビビりました・・・。

こんな感じで神武天皇も育ったのでしょうか?

歴史のロマンを感じます。

・・・でも、過去に繋がらない様にあんまりロマンを感じないようにしていましたが。。。

あくまで今のこの地を楽しむ事に集中です。



・・・ここで終わろうとしたら、おっさんにもっと書くように催促されてしましました(´・ω・`)。

という事で、明日も皇子原神社に関してです。





[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2015-05-28 05:00 | 日向神話を巡る旅 | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica