日向神話を巡る旅 住吉神社編 その2。

本日も住吉神社の続きです。




本殿を横から。

f0351853_22593361.jpg

素朴な中にも味わいがあります。

拝殿の右側には小さなお社が。

f0351853_23110103.jpg

何だろう?と思い行ってみると、壁にしゃもじが!

f0351853_23082859.jpg

更にアップ!

f0351853_23185434.jpg

ここはですね絵馬堂と呼ばれるお社で、しゃもじ型の物はなんと絵馬なのです!

「願いが神に召されるように」との願いを込めてしゃもじ型なのだそうです。

なんだかほっこりしますね。。。

拝殿の左側には宝物殿っぽい感じの建物が。

f0351853_23090637.jpg

何が入っているのでしょうね。

そして締め縄のかかった2本の木。

f0351853_23123996.jpg

高く高く伸びています。

f0351853_23115584.jpg

この住吉神社は裏側に階段があって更に進む事が出来るのですが、今回はここまでです。



で、ちょっと話が変わりますが、神社では落ち葉を飛ばす機械で掃除をされている所があります。

宮崎や鹿児島の神社でも、この機械を使われている神社がありました。

神社など敷地がかなり広いですから、掃除も一苦労なんでしょうねぇ・・・(´・ω・`)。

どこも高齢化の問題はありますから神主さんや氏子さんも大変だろうな、と思うのです。

でもこの機械燃料が混合油なので、排ガスがかなりきついのです。。。

私は化学物質のアレルギーがありますので、これを使用中だとか使用後にうっかり遭遇してしますと、残念な事に体調を崩してしまうのです(´・ω・`)。

神社は私がマスク無しで滞在できる数少ない場所なのですが。。。

それに掃除って清めの役割もあるでしょうから、機械でぶっとばして掃除をするのって気的にどうなのかな?と疑問が。。。



スーさん 「それは掃除をする者の意識次第だな」

musica 「意識次第?」

ス 「そうだ。機械を使っての落ち葉掃きでも、その者が場を清めているという意識を保ち続ければその様になる。逆に言えばその身体を動かして箒を使って掃除をしても、面倒臭がって適当にすればたいした清めにはなるまい」

m 「なるほど。でも排気ガスはどうですか?車の排気ガスで環境破壊!とかって言うじゃないですか」

ス 「それはまた別問題だね。排気ガスを吸う事により健康を害する事もあろう。その場の気を乱す事もあろう。その事に気が付いているかいないかは別として、それは使用する者の選択だ。他人がどうこういう問題ではない。君は環境を破壊すると分かっていながらも、その身体では車を使わずにはおれまい?」

m 「はい。他の人の香水や洋服の洗剤の匂いで体調を崩してしまうので、公共の乗り物に乗るのは難しいです」

ス 「分かっていながらもどうしようもない事が、この世の中には沢山あるのだ。だがいずれ己の蒔いた種を収穫せねばならぬ時も来る。何事もバランスが大切だ」

m 「うーん・・・」



明日は都農神社編です。





[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2015-06-18 05:00 | 日向神話を巡る旅 | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica