日向(略) 都農神社編 その2 日向のおーくにさんの謎。

本日も都農神社編です→都農神社編 その1。



m 「あれー?おーくにさん?何でこんな所にいるんですか?」

おーくにさん 「何でって・・・、私はここの主祭神だからだよ」

m 「えっ!?そうなんですか!?」

お 「君は本当に御朱印帳にしか興味が無かったようだ・・・」



日向国一之宮 都農神社。

ご神祭は大己貴命(おおなむちのみこと)。

別名大国主命。

神武天皇が東遷へ出た折、現在の都農神社のある地に立ち寄り、国土平安、海上平穏、武運長久を祈念し大己貴命を祀ったとされています。

・・・。

ちょっと奇妙ですよね?

神武天皇が東遷の祈念で祀る相手がおーくにさん?

日向神話のお膝元の一之宮の御神祭がおーくにさん?

おーくにさんは出雲ですよ?

国を譲らせた相手に、今から東の国々を攻めますって時に普通守ってくれなんて言いますか???

普通は自分のとこの天照大神でしょ?天孫なんだから。

うーん・・・、神武天皇の奥さん・比売多多良伊須気余理比売(ヒメタタライスケヨリヒメ)のお父さんだからですかね?

義理の父に守護をお願した、という事なのでしょうか。。。



他にも旅に出る前に読まされた本に、スサノオとニギハヤヒさん親子が実は日向をも統治していた、という記述がありまして→消された覇王

本当に出雲系の人達がこの地を治めていたのだとしたら、おーくにさんを祀っていてもおかしくはない・・・。

残念ながら都農神社は天正年間の大友・島津の争乱の時に社殿・宝物・古文書がみんな消失してしまったそうで・・・。

真相は闇の中ですね。



そして昨日も2冊ほど本を買わされましたよ。


まだ読んでないのですが目次を読むと「神武天皇はアマテラスを祀らなかった?」という気になるタイトルもありますし。。。

後で読んでみたいと思います。



とりあえずこの件は置いておいて、神社探検です。

はいでーん。

f0351853_18141152.jpg

こちらの社殿は平成19年に建て替えられたものです。

拝殿からの~ほんでーん(←ちょっと疲れ気味)

f0351853_18143108.jpg

凛々しいですね~。

おーくにさんによく似合う雰囲気です。

拝殿の横に気になる看板が。

f0351853_18141961.jpg

ひとかただそうです。

なんだか陰陽師な雰囲気ですね。

拝殿には平成の匠の技が光ります。

f0351853_18163046.jpg

雲の彫刻が素晴らしい。。。

そして下側の彫刻!

アップです!

f0351853_18165379.jpg

ねずみ!

スーさんからの試練wの時に助けてもらったネズミにちなんであるそうですよ。



そして明日は突然の石持ち神事にうろたえるの巻です。




[PR]
Commented by りっきい at 2015-06-20 07:09 x
はいで〜んの奥に鏡ぽいのが見えますね。
御神体?
でも御神体は隠すものだから、レプリカ?

TVの番組「ぶっちゃけ寺」で、仏教と神道の比較をした際
ちょっと話にでましたが

神主すらも「神主も開けた事がない、見た事がない」
箱にしまわれたまま祀っている神社もあるようです

Commented by garoumusica at 2015-06-20 18:49
> りっきいさん コメントありがとうございます。

鏡っぽいのはレプリカなんですかね?よく分かりません。。。

鏡を見えるようにおいている所は、霧島東神社とか鵜戸神宮や宮崎神宮、天岩戸神社あたりです。宮崎神宮は別館で、霧島東神社と鵜戸神宮は本館ブログで見れますので、良かったらリンクで飛んでみてください。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2015-06-20 05:00 | 日向神話を巡る旅 | Comments(2)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica