日向神話を巡る旅 天安河原宮編。

日向神話を巡る旅3日目の7社目は、天安河原宮です。



ここは特に行くつもりはありませんでした。

何故なら、ビジュアルが怖いから・・・。

積み石が沢山あって、遠い昔に見たあなたの知らない世界の再現VTRを思い出すのです・・・。

知らずに倒した積み石が原因で、成仏できない霊に襲われて云々・・・。

行きたくねーーー!!!(;д;)

でもなんだか母が元気よく天安河原宮方面へ行きはじめまして。

仕方ない、行くしかありません(´・ω・`)。

嫌だ嫌だの気持ちで行ってあらぬ波動に影響されては困るので、スーさんと一体化したイメージをより強化し、気持ちを切り替えて天安河原宮へと向かいました。



天安河原宮へはこのような道が続きます。

f0351853_18312177.jpg

綺麗に整備してあります。

岩戸川に沿って歩いていきます。

f0351853_18320267.jpg

・・・。

あれ?すごく気持ちがイイ(・ω・)。。。

f0351853_18313719.jpg

すっごく頭がすっきりする!(`・ω・´)

f0351853_18331552.jpg

何より美しい!!!

思っていたのと全然違います。

そして天安河原宮。

f0351853_18325121.jpg

御祭神は思兼神(おもいかねのかみ)と八百萬神(やおよろずのかみ)。

Wikiによりますと思兼神の「おもひ」は「思慮」、「かね」は「兼ね備える」の意味で、「数多の人々の持つ思慮を一柱で兼ね備える神」と言う意味なのだとか。

思想や思考、知恵を神格化したものと考えられているそうです。

・・・なんだかカッコいいですね。

岩戸隠れの際に、天の安原に集まった八百万の神に天照大神を岩戸の外に出すための知恵を授けた方なのだとか。

それ故に知恵の神、学問・受験の神として信仰されているそうです。

あー、天岩戸神社に菅原道真公がいらっしゃったのは、この関係かもですねぇ!

なーるほど~。



宮側から岩戸川を眺めます。

f0351853_18322714.jpg

積み石がいっぱい・・・。

この景色はやっぱり異様なものを感じてしまいますが、実際その場に立ってみると負のエネルギーが・・・とかは一切ありませんでした。

宮の前の岩戸川の浄化作用がものすごく強いようで、人が持って来た念をきちんとリセットしてありました。

川を渡る風がとても心地よかったです。



でも、やっぱり異様な風景ですよね。。。

何故この様な積み石があるかと言うと、ここで積み石をすると願い事が叶うと言われているからなのだそうです。

神社で人々が神にする願いが可視化されたら、こんな風に見えるかもしれません。


折角気持ちの良い場所なのに、人の欲が集まってしまう。

その欲の持つエネルギーを浄化する為にこの地のエネルギーを使う羽目になってしまうのは、地球に対して申し訳ない気持ちになるのです。

ですが願いを叶えたいという気持ちもよく分かります。

パワースポットとか神社とかそういったものを利用せずに、引き寄せの法則など人の波動を利用する方法が普及すれば、地球はもっと地球の為に、おっさんsも私たちを護る為にエネルギーを使えるのかもしれないな、と思いましたw

じゃあ神社って何!?と聞かれたら、、、おっさんsに会いに行く場所ですかね。。。

(姿は見えないけど)会いに行ける(正しい意味での)アイドル・NSK(日本神界)。

スーさん、これでおkですか?w


f0351853_18593645.jpg

さてさて、ご挨拶も済んだので来た道を戻ります。

途中斜面が崩れた所がありました。

f0351853_18333669.jpg

その崩れた岩の上に草が生えていまして。

それがまるでラピュタのロボット兵の様。

倒れたものの上に新たな命が宿る。

その姿を見て、いにしえより続く『地球の理』の様なものを感じ、畏怖の念を抱かずにはいられませんでした。

あ、なんとなく春望をここに書き留めておきたくなりました。

おっさんの影響ですかね?w

私もとても好きな漢詩です。

好きですが、この詩のような体験はしたくありません。



春望


国破れて山河在り

城春にして草木深し

時に感じては花にも涙を濺ぎ

別れを恨んでは鳥にも心を驚かす

烽火三月に連なり

家書万金に抵る

白頭掻けば更に短く

渾て簪に 勝へざらんと欲す



明日は高千穂峡です。




[PR]
Commented by あき at 2015-07-03 09:37 x
天安河原宮。
もっと暗い所かと思ってました。
宮に行くまでが本当に美しいですね。

最後の写真。何とゆーか壮大な感じを受けました。めっちゃ好き。
Commented by garoumusica at 2015-07-03 17:05
> あきさん コメントありがとうございます。

そうそう、おどろおどろしいイメージがあったのです。積み石が特に怖い。。。
でも実際に行ってみるととっても爽やかでした(`・ω・´)+

私もお気に入りの一枚です!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2015-06-28 05:00 | 日向神話を巡る旅 | Comments(2)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica