日向神話を巡る旅 槵觸神社編 その1。

日向神話を巡る旅4日目の2社目は高千穂神社でしたが、こちらは以前記事にしたので本日は3社目の槵觸(くしふる)神社です。



・高千穂神社の記事はこちら→日向神話を巡る旅 高千穂神社編。

・本館でも画像の特集をしました→高千穂神社。



槵觸神社の御神体は300年ほど前にこの神社の本殿が建つまでは、槵觸山が御神体とされてきたそうです。

そして槵觸山は天孫降臨の行われた場所と言われています。



鳥居。

f0351853_19054820.jpg

太陽が良い位置にあります。

真ん丸で可愛らしいです。

f0351853_19052315.jpg

さてさて鳥居から覗いて見ると・・・、

f0351853_19032107.jpg

えっ・・・?

拝殿はどこですか?

・・・とりあえず登ってみましょう・・・。



槵觸神社は山の中腹にある神社です。

入り口の看板にはトレッキングコースの案内もありました。

・・・登るのですねぇ・・・。

てくてく・キョロキョロしながら登って行くと、

f0351853_19033702.jpg

見えた!

手すりがあるのも納得な階段であります(`・ω・´)+



この階段を登る前に、このような建物が。

f0351853_22464635.jpg

相撲を取る場所のようです。

ちょっと調べてみたところ、槵觸神社例大祭という秋のお祭りの時に、ここで奉納相撲が行われるのだそうです。

武神として知られる経津主神や武甕槌命をお祀りし「武道の神様」として信仰される神社である為、350年前から奉納相撲を行うようになったのだとか。

そして、

f0351853_19042048.jpg

はーいで~ん。

右寄りのショットから手すりに縋って登っているのがうかがえます。。。



明日も続きます。



[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2015-06-30 05:00 | 日向神話を巡る旅 | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica