守護さんの意思と自分の意思、その違いとは?

本日は昨日の記事の続きです。

て言うか、なんとなくここ数日の記事が繋がっています。




昨日の記事に出て来た私の怪しい行動は以下の通りです。

・突然月曜日に病院へ行こうと思った。

・スーさんが主祭神を務められる神社へご挨拶へ行こうかな?と思い立つ。

・今度はスーさんが末社にいらっしゃる神社へも行きたくなる。

・ショートカット参拝をしようと思ったら、母が何故か道に迷い神社正面に辿り着いてきちんと参拝をする羽目に。

・ふと思いついておみくじを引く。

・願いが叶う石の側でトカゲを見かけ、なんとなくお願い事をしようかなと思いつく。

・突然願い事が変わる。

などなど・・・。



よくスピ系の本を本屋さんで見てみると、直観を大切にしましょうっていうのを見つける事が出来ます。

で、その直感って言うのが今回の私の行動で言うと、上記の怪しい行動になるのだと思います。

まぁひと言で言うと、ただの行き当たりばったりなんですけど・・・(´・_・`)

これって守護さんの意思なの?自分の意思なの?どっちなの?という感じですが、ぶっちゃけ自分でもそれが起こっている時点ではスーさんなのか自分なのか分からない場合が多々あります。

ですが後から考えると、あー、おっさんだね、と気がつく場合が多いです。

物凄く都合よく行動が出来たとか、学びがあったりとか、メッセージがあったりとか、そういう私の能力以上のものが含まれていると、おっさんsだなって思います。



そして今、この記事を書きながら守護さんと守護される人の意思の違いについてどんな風にまとめればいいのかなぁと思っていましたら、突然石井ゆかりさんの「筋トレ」を読みたくなりまして。→筋トレ

で、早速私の星座である魚座の週間占いを読んでみたのです。

そこにはこうありました。



「何かを選択するのでもあなた一人で選び取るのではなく、相手と自分との選択が連動しているようなところがあるだろうと思います。

『自分は自分、相手は相手』ではなく、お互いの手の中にお互いの一部を預けあっているような感じがあるかもしれません。

だからこそ可能になること、というのがあるのだろうと思います。」



何でしょう?このナイスな文章は。。。

スーさんが時々言われる『守護される者と守護する者は一心同体。君は私であり、私は君だ』と言う言葉を、別の美しい言葉で綴っているかのようです。

そして守護さんの意思なのか自分の意思なのかという問いかけに対し、見事なまでのその典型的パターンで回答に導くスーさんの手腕に畏れ入るのです。



守護する者と守護される者、どこまでが守護の者の意思か、どこからが守護される者の意思か。

それはこの石井さんの言葉の様に、ここまでは守護さん、ここからは自分と分かれているのではなく、守護さんと自分の選択が連動していているのだと思います。

なので、このブログをご覧になられている方の中で、守護さんとかガイドさんとコミュニケーションが取れないという方がいらっしゃいましたら、今回の記事の様な接し方もあるんだな〜、知らず知らずに色々と良くしてもらってるんだろうな〜と思われてはいかがでしょうか?

あれ?今のはもしかして・・・みたいな小さな発見があるかもしれません。

そうしたらきっと、雪だるま式に守護さんとの繋がりが見えてくるのではないかなと思います。



musica 「ところでスーさん、今回は本文で一言も話してくれなかったですね」

スーさん 「今回は会話をするだけがコミュニケーションではないという内容だったではないか」

m 「そうですけど、それは書いているうちにそうなっただけで。。。でもなんだかヒヤヒヤしちゃいますよ、スーさんがいてくれないと( ; ; )」

ス 「ごめんごめんwちょっと台風関連の仕事があって」

m 「あー、そうでしたか。それはありがとうございました。お陰様で停電があったくらいで済みました。って言うか台風の爆音の中、耳栓して爆睡していたら気がつけば台風通過していて、気がつけば停電していました」

ス 「迷惑をかけたね」

m 「停電程度で済んだのですから迷惑の内には入りませんよ。・・・そう言えばですね、洗濯してないのに停電でどうしようと思っていたら、何故か途中1時間だけ電気が復旧しまして、その間に洗濯と食事を済ませる事が出来ました。すごくありがたい時間だったので、思わずハッピー・タイムと名付けてしまいました」

ス 「フフフ、コンから君が洗濯が出来ずに困っていると連絡があってね」

m 「えっ!?じゃあアレはスーさんがわざわざ?・・・え〜、ホントに?」←疑い。

ス 「君が信じようと信じまいとどちらでも構わないよ。君が洗濯出来たのだから。だがまぁ、今日のこの記事を書いた者がその様な言い草では、この記事の信憑性は無いに等しいな」

m 「あー・・・(´・_・`)。すみません、お気遣いありがとうございました。パンツだけでも手洗いをと思っていたのですが、お陰様で手洗いせずに済みました」

ス 「こら、下着と言いなさい。はしたない・・・。第一、淑女の下着手洗いは基本だぞ?それを嫌がってどうするのだ」

m 「えっと、すみません。その情報は一体どこで・・・?」



f0351853_04092304.jpg

台風通過後の夕焼け。




[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2015-08-26 05:00 | スーさん | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica