お礼参り。

昨日の話。

昨日は台風が無事通過しましたのお礼参りでした。

今週はいい感じにアクティブです。



musica 「あ、今日は曇りでなんだか涼しいですね。一昨日行ったばかりですけど、スーさんの所へ行きたくなりました」

スーさん 「それならばまず氏神の所だろう?君の家を護ってくれたのだから」

m 「あっ、そうですね!氏神様の所へお礼を言いに行かなくては。いつも神棚へのご挨拶で済ましてますからねぇ」

ス 「うむ。私の所へ来るならばペンダントを付けておいで。それから何か石でも持ってくるといい」

m 「はーい」



*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*

突然本文と関係ない話ですが、神社へ参拝した時にお酒を奉納される場合があるかと思います。

で、常に神主さんがいらっしゃらない神社なんかでは、参拝する時にお酒の蓋を開け神様にお供えし、参拝が終わったらそのお酒を持って帰ると良いそうです。

なんでも神様の気が入るらしく、ありがたいお酒になるそうですよ。

思い出したので書いてみました。

*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*



早速氏神様にお礼を言いに行くと、なんだか境内で物を燃やしている・・・。

これは一見、神様に煙たがれたの!?って感じですが、スーさん曰く「煙で身を清めている」のだそうで。

祝福してくださっているようですよ。

で、それからお礼を言ったりちょっと写真を撮ったりしていると、ずっと曇っていたのに突然日が射して来まして。

わ~、なんか縁起が良い!などと思っていると、今度はパラパラとお天気雨が!

煙の後は水で浄化でしょうか?

煙たがられた上に水を掛けられたと取るか、煙と太陽光と水で浄化してもらったと取るか。

結構な違いです。

どちらを信じるかは自分次第・・・。



さて、お次はスーさんが主祭神を務められる神社です。

ウキウキしながら行ってみると・・・。

・・・。

鳥居の近くにある木の、全体の3分の1を占める大きな枝が折れています・・・。

更に鳥居の向こうには数えきれないほどの枝が落ちています。

私一人では移動出来そうもない大きな枝も何本も落ちていました・・・。

・・・。

なんて声を掛けて良いのか分からず、ちょっと無口にご挨拶とお礼を。

拝殿の横に左右に設置してある石樽に入れられた榊も、水の中に沈んでいて・・・。

なんとなく寂しく感じてしまい榊を元に戻したり、参道の石畳に落ちている枝を端に除けたり。

先に行った氏神様の所は神主さんが常にいらっしゃるので、既に枝などは掃除してありましたが、ここは神主さんがいらっしゃらないのでこの様な状態で。。。



m 「それで?なんで役所に念を飛ばして業者さんに来てもらわないんですか?もう15時なのにこの状態とは・・・」

ス 「人気(ひとけ)の無い神社よりも人の通る道の整備の方が先だろう?ほら、君の家の近くもカーブミラーが曲がっていて危険だろう。道路脇の木も多く倒れている。何事も優先順位があるのだ」

m 「そうですけど。でもスーさんの神社がこんな状態で放置されてるのがちょっと切ない・・・。簡単な作業しか出来ずにすみません」

ス 「いや、この様に人の気が入るだけで気の方は十分修復出来るのだよ、ありがとう。後は男手に任せよう」

m 「で?ペンダントや石は?」

ス 「お礼に気を補充しよう」

m 「労働の対価か~」

ス 「ハハハ!狛犬たちも喜んでいるぞ」

m 「滅多にない事ですしお役に立てて何よりですよw・・・ってアレ?一昨日はたまたま母の仕事が休みだったので連れて来てもらえました。そして今日もたまたま仕事が休みで連れて来てもらえましたが、これってひょっとして・・・」

ス 「さぁ・・・、私にはよく分からないな」

m 「また適当に誤魔化す!・・・という事は台風の被害がどの程度のものになるという事も、予め分かっていたって事か」

ス 「そこは企業秘密だな」



なんとなくこんなイメージでした。

f0351853_05165916.jpg

いつもありがとうです。



昨日の夕焼け。

f0351853_23183323.jpg

まだちょっと台風の残り香がします。



[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2015-08-27 05:00 | スーさん | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica