神棚へのご挨拶の時のお清めは?

昨日は神社へ行った時の手と口のお清めの話でしたが、記事を書いていてふと思ったのです。


神棚組へのご挨拶の時はどうなんだろう?って



スーさん 「君はいつも歯磨きを終えた後に挨拶しているではないか」

musica 「!!!ほんとだー!!!意識して行っていた訳ではないですけど、いつも歯磨きを終えた後にご挨拶をしているかも!」

ス 「フフフ」

m 「ちょっと神棚の前に行った時に『おはよー』とか『来ちゃったw』などと話し掛ける場合は、口を清めるとかはしてないですけど」

ス 「それはただのコミュニケーションだ。君が正式に挨拶したり一日の感謝を述べる時には手と口を清めた後だろう」

m 「そうですねぇ。。。やっぱり神様の前に出る時に身を清める事は必須ですか?」

ス 「君の場合はその身の埃を落とした方が感度が良くなる。しかし、我々の前に出るから云々ではなく、1日の中で何度か身を清める機会がある方が君の為だろう?」

m 「うーん、そうですねぇ。口をゆすいだり手を洗ったりしたら気分的にもスッキリするかも」

ス 「神社においてもそうだ。折角神社へ来てもらったのだから、その身についた穢れを落として帰ってもらいたいからね」

m 「スーさん的には神域に入るには身を清めてから云々ではなく?」

ス 「先日ブログで紹介していた熊野大社の本にもあっただろう?熊野への道のりは大変厳しく、皆埃まみれになりながら我々のもとへと来てくれる。だから熊野の地では身の清浄を保っていなくても、すべての者を歓迎する。それが『くまのごころ』だ」

m 「『くまのごころ』・・・。あれ?もしかしてスーさん、熊野モードに入ってます?」

ス 「ハハハ!」

m 「どうりで昨日記事のスーさんの口調が、ほんのちょっといつもと違った訳だ」

ス 「フフフ、まぁ熊野モードでなくとも私は神社へ遊びに来てくれるだけで嬉しいがね」

m 「ハイ!でも私からしたら、やっぱりご挨拶の時はきれいな状態で逢いたいかな」

ス 「好きな人の前に出る時は皆、その身を美しく整えたいものだよ」

m 「その例えはちょっと違う気がします」





[PR]
Commented by at 2015-09-07 22:11 x
こんにちは。
栗きんとん…思わず食べたくなっちゃいました(((^_^;)
もう一個の方のblogを読んでいて、思わず検索しちゃいましたが、買っちゃうかもです(笑)。

私は、神在月の出雲大社でいただいた素焼きの盃を白木の箱(お菓子が入っていた箱)に入れています。
必要なときが来たら使おうと思っているのですが、そういう機会はなく…たまに思い出して取り出してみるくらいです。
その箱の中には、出雲の盃、伊勢の扇子、銅鏡のレプリカ(製作体験で作ったもの)、勾玉(製作体験で作ったもの)、水晶などの原石を入れています。
神棚は無いのですが、私にとってはぷち聖域かも…です。
Commented by garoumusica at 2015-09-08 04:29
> 楓さん コメントありがとうございます。

岐阜の栗きんとんは余計な甘味が無くて、本当においしいです(`・ω・´)+
栗きんとんを使った水まんじゅうも本当においしくておいしくて。。。
何度もリピしてます。是非是非、ぜーひ!ぜーひ!←仲間を増やしたい一心。

ぷち聖域、サンクチュアリですね←この言葉を使ってみたかった。響きのよい言葉です。

私も、部屋の机の上の色鉛筆の収納ケースの上がスーさん領域でぷち聖域となっていますw
ベッドのヘッドボード前の棚スペースもスーさんに占領されていて、あー、「自分が聖域だと思えばそこが聖域となるのだ」そうです。自分のグッズばっかりだからって、おっさん・・・。
Commented by at 2015-09-09 17:32 x
栗きんとんが届きました♪
美味しかったです(*´∀`*)
自分用に買うなら、三割引ってのはすごくありがたいです(笑)。
Commented by garoumusica at 2015-09-10 04:32
> 楓さん
栗きんとんなかーま(*´艸`*)美味しいですよね!
三割引きは大きいです(`・ω・´)+
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2015-09-07 05:00 | スーさん | Comments(4)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica