神社と古墳、そして次のミッション その1。

母の運転する車で外出をしていた時の話。



ふと気がつくと、こんもりとした小さな森が見えまして。

お、これは街中にある神社のパターン、などと思いながら森を見ていると、やっぱり神社のお社が見えてきまして。

母にお願いしてちょっと寄ってもらう事にしました。

もう日が沈みかけていたので簡単に挨拶をするだけにし、母は車で待ってもらう事に。



小さな境内ですが拝殿には幕が掛けられていて、なんだか立派な感じ!

お隣にはお稲荷さんのお社があり、そちらにもご挨拶。

こちらは暗くて中の様子がまったく分かりません。

で、ちょっと好奇心で拝殿から中を覗いてみたのですが、ほんとに闇。

えー・・・と思ってよく観察してみると、拝殿の中はがらんとしたスペースがあるだけで、本来あるはずの本殿は無いようです。

本殿部分が本当に闇。

ただ、闇の前に石のアーチの様なものが見える・・・などと観察していると、母が私の名前を呼びながら境内に入って来ました。

何事かと思って話を聞いてみると、なんと!この神社は古墳であると解説してある看板を見つけたとの事。

・・・なるほど。

あのアーチは古墳への入り口って事かー・・・。



その神社の外にある看板には、6世紀に建てられたこの地域一帯の首長の墓とありました。

そして境内にある看板には神夏磯姫(かんないひめ)の墓とありまして。。。

あれ?神夏磯姫って日本書紀の景行天皇(日本武尊のお父さん)の巻の人・・・?

・・・。

まさかこんな所で神話を見つける事になるとは・・・。



スーさん 「何もかも計画通りだよ」

musica 「今居る場所も昔居た場所も何もかも計画通りか・・・」

ス 「昨日購入した本を見てごらん」

f0351853_01102043.jpg

m 「・・・行く予定の無かった本屋と古本屋で気がついたら手に取っていて、よく見たら面白そうなので思わず購入しました・・・」

ス 「これからの計画が見えよう?今までの流れを史実を基に学び直した後は奈良だ。それから君は日本書紀をきちんと学び直しなさい。流れがいまいち掴めていない様だ」

m 「日本書紀はちょっと読みにくいんですよね・・・。て言うかあんまり好きじゃない。古事記はまだ良いのですが」

ス 「学び直すと言っても漫画のものはダメだぞ。あれは省略した部分が多過ぎるのだ」

m 「・・・」



明日も続きます・・・。




[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2015-09-25 05:00 | つれづれ | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica