神社と古墳 その3 そして神話が身近に。

本日も昨日の記事の続きです。

そして多分ラストです。




今回の1回目の記事に書いた事ですが、たまたま目について行った神社が神夏磯姫の古墳(と言われている場所)で。

その時ちょっと不思議な感覚を覚えたのです。

神話(と言うか記紀)の中の登場人物に過ぎないと思っていた人のお墓が目の前にあるという事実。

神話が急にリアリティを持ち始めたと言いますか・・・。

それまでもスーさんの宮殿跡とか神武さんが産まれた場所とか散々見てきたのですが、実際にこんなにもリアルな形でお墓が残っているという事実で、あ、神話って遠くないんだ、という事に気がついたようで。

もちろんあの古墳が神夏磯姫のものかどうかは分かりませんが。。。



musica 「なんでしょう?すごく不思議な感じです」

スーさん 「だから君にはいつも『我々は君達共に生きている』と言っておるだろう?」

m 「うーん、ものすごく遠い昔の話かと思っていたものが、思っていたよりも近かったという感じです。あれ?古事記ってたった1300年前?みたいな」

ス 「それは君が神話ではなく史実として捉え始めた証拠だ」

m 「そうなんですかねぇ・・・。でも古事記や日本書紀が古い話じゃないって事は納得出来てきました」

ス 「うむ」

m 「神夏磯姫の古墳(本当かどうか分かりませんが)が6世紀に建てられたとされていて、6世紀に活躍していた天皇さんが第29代の欽明天皇、第30代の敏達天皇あたり。日本書紀で神夏磯姫と対面した景行天皇は第12代天皇なので、随分と誤差が生まれてしまいます。で、結局記紀っていうのは自分たちの血筋の正当性を主張する為に創作したのねっていうのを、ありありと感じました

ス 「君は以前おばあ様と一緒に韓国の神話のドラマを観ていたね?」

m 「あー、朱蒙ですかね?昼食の時に祖母が観ていたので一緒に観ていました」

ス 「高句麗の初代指導者の話だ。彼の出自もまた神であっただろう?」

m 「朱蒙のお母さんの親が神様だったそうです。高句麗は紀元前37年の建国ですから、へぇ、神話って近い存在ね~って思いました。なんでこんなすぐにバレそうな嘘をつくのか不思議に思って調べてみたところ、朝鮮というか大陸の王様達は権威付けの為に自分達の祖先を神としたそうで。それを知って天皇系も大陸から渡って来た人達だから、伝統に倣って古事記とか日本書紀を創作したのだなって思ったものです」

ス 「それが真かどうかは言及せぬが、残された史書から我々の真の姿を炙り出す事が出来よう?」

m 「そうですねぇ。。。て言うかなんで私がこんな事をしているのか、不思議でたまらないんですけど!」

ス 「君が古代の日本と神話を軽視しているからだよ。神話は神話のままでいて欲しいという君の気持ちも分からぬではないが、それでは真に迫った絵は描けまい?」

m 「神様は神様だから良いんですよ!出雲の首長のスーさんなんて描いた日にはもう・・・」

ス 「だが君の描いた稲田姫は実在の人物として描いているではないか」

m 「そうなんですよね・・・、よく分からないですけど。一度描いた稲ちゃんは神様ではない稲ちゃんです。そして稲ちゃんの側にいるスーさんも割と普通のおっさん・・・」

ス 「そこがポイントだね。今接しているこの私は君にとっては神職のスーさんだ。だが初の宮のスーさんはこの世に生きたスーさんだろう?」

m 「あー・・・、確かに人っぽい・・・。ずっとその地を見護り続けている人の魂・・・」

ス 「ホルンフェルスのスーさんもどうかね?あのスーさんもそこに生きた者だっただろう?」

m 「なるほど、でも持ってる空気が全然違う・・・。そうか、スサの王、同じ首長でも代が違うスーさんかもしれないって事か。・・・ねぇスーさん、今度は松江方面の島根に行きたいです。隅から隅まで、スーさんを確認したいです」

ス 「奈良が先だ。大物主殿に招待されただろう?饒速日殿も待ってるぞ」

m 「あー・・・、そうでしたね・・・。でも私が行きたいのは出雲なんです!(`・ω・´)+」

ス 「君が次に行くのは奈良、それから熊野」

m 「・・・(´・ω・`)」



なんだか今日の記事は、始めに書きたかった事と最後に行きついた場所が全然違う・・・。

見事にスーさんに誘導された感じがします。

実は今日の記事の内容は全然思いつかなくて、更にスーさんに聞いても何も言って貰えず、とりあえず書き始めたものでした。

読みにくい文章ですみません・・・。

ですがたったこれだけの記事に2時間掛かったのですよ。

そしてこの3回のシリーズを書く前と書いた後では、なんだかいろんな感覚が変化してしまった気がします。

たいした内容の記事ではなかったのですけどね、大きく何かが変わった気がします。


イヤン!変な感じ~(´Д`ノ)ノ





[PR]
Commented by 螺旋 at 2015-09-27 12:00 x
こんにちは。
最後の「イヤン、変な感じ~」でウケました(笑)
何ていうか誘導とは言わないかもしれませんが、何かこうパズルのピースが綺麗にはまって「はい、レベルアップ~♪」(でも本人ついていけてない)となっている時ありますが、そんな感じなんですかねぇ・・・。
私は私で灰汁を出す時期なのか何だかずーっとじりじりしてますね。天気もなかなか落ち着かないのでお互い体調に気を付けて過ごしたいですね。
Commented by garoumusica at 2015-09-28 19:13
> 螺旋さん コメントありがとうございます。

レベルアップ・・・。うーん、よく分からないですねぇ・・・。とにかく変な感じです。
長生きなおっさんの話を聞いているせいか、時間の感覚がおっさんモードになってたりで。
変な感じですw

なんだか暑いですねぇ。。。
お気遣いありがとうございます。螺旋さんもお身体にはお気をつけてくださいね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2015-09-27 05:00 | つれづれ | Comments(2)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica