おみくじについて聞いてみました。

昨日の今日のひと言でアマテルにぃちゃんの言った言葉。

アマテルにぃちゃん 「たまには神社で御籤を引いてごらん。君達の守護の者達からのメッセージだよ。吉凶は気にしなくて良い、大切なのはそこに書いてある内容だぞ?持ち帰ってじっくり読んでみるといい。裏側までしっかりとね」

についてちょっと突っ込んでみました。




musica 「ねぇ、にぃちゃん?」

に 「ん?なんだい?」

m 「おみくじは『君達の守護の者達からのメッセージ』ってどういう事ですか?おみくじを引いた神社の神様からのメッセージではないんですか?」

に 「・・・Σ(゚Д゚)

m 「なんですか?その間は・・・」

に 「守護の者達からのメッセージの場合もあるし、我々からのメッセージの場合もある」

m 「また曖昧な言い方~。じゃあ、どれくらいの割合ですか?」

に 「大体ピ―――(NG音)」←具体的な数字を書いたらパソコンを落とされました・・・。

m 「ほぼ守護じゃん・・・」

に 「具体的に伝えたい事があるのは、いつも側にいる守護の者達の方だよw」

m 「まぁそうでしょうけど・・・」

に 「大抵の者達は守護の存在と直接話をする事が出来ぬ。だからこそ守護の者達は君達にメッセージを送るチャンスをいつも狙っている。ほら、スー坊がいつも言うだろう?目に映る全ての事がメッセージだと」

m 「はい」

に 「だがそれだとどうしても抽象的になってしまう。メッセージをメッセ―ジだと気がつく者も少ない。そこで御籤だ。君達は適当な御籤を手にしたと思うだろうが、全ての御籤は守護の者が伝えたい事を書いてある御籤を手にする事が出来る様に手配している」

m 「自分で選ぶおみくじなんかだと結構迷ったりするし、あっちにすれば良かったって思う事もしばしばですが」

に 「守護の者達が全てコントロールしている、安心しなさい」

m 「はい。『吉凶は気にしなくていい』っていうのは?」

に 「世のほとんどの者達が御籤を開いて吉凶を見ただけで終わってしまう。と言うよりも、内容を読んだとしても吉凶の方がインパクトが強くてそちらの方しか残らない。特にあまり良くなかった者などはそうだね」

m 「あ~・・・」

に 「本当に大切なのは和歌であり、その下に書かれている言葉であり、裏面の教えだ。私は吉凶の表示は無くてもいいと思っている」

m 「えっ、アマテルにぃちゃんがそんなこと言っていいんですか!?天照大神でしょ?」

に 「・・・Σ(゚Д゚)

m 「今一瞬周りもざわめきましたけど・・・」

に 「大切なのは内容だよ(`・ω・´)+」

m 「あ、誤魔化した・・・」

に 「ほら、出雲大社の御籤は吉凶が無いだろう?あれはいいね」

m 「天津神が国津神を褒めた」

に 「ハハハ、そんなものは人が決めたものだろう?我々には関係ないさ」

m 「今の発言も大丈夫ですか?」

に 「我々は我々だよ。君の神は君の神さ。まぁ争い恨む神が好きな者にはその様に映ろう」

m 「結局いつもそこに行きつくのですね」

に 「それがすべてだよ」


*(・ω・)*(・ω・)*(・ω・)*(・ω・)*(・ω・)*


それでは今日も良い一日を~。

稲ちゃん 「秋はおにぎり持って出かけましょ~」

m 「『稲』ちゃんだけにおにぎり?」

稲 「新米の美味しい季節ですから(`・ω・´)+」

m 「過ごしやすい気候ですしねぇ」





[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2015-10-31 05:00 | アマテルにぃちゃん | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica