稲荷神社のざっくりし過ぎまとめと年末ジャンボ宝くじ。

大晦日の朝、皆様いかがお過ごしでしょうか?別館 画廊musicaです。

なんとなく本館的な出だしをしてみたくなった、大晦日。

本年も今日で最後。

早いものです。

昨年の今日はどんな記事を書いていたのかなと思い検索してみると、セーラー服と機関銃でスーさんのアガペー攻撃にあってましたwww→2014年 12月 31日 愛に満ちた歌を つづき。


f0351853_01141485.jpg


musica 「それで今日の内容はどうしますか?」

スーさん 「稲荷の記事で本来君が書こうとしていた内容を書いてごらん」

m 「大晦日でようやく・・・!でも秦さんが中途半端ですが良いのですか?」

ス 「資料が無い為書きようが無いのだろう?それに昨日の記事で大まかではあるが稲荷と荼枳尼天の習合についても触れた。古代ユダヤ教やキリスト教との関連にも触れた。この記事を読んだ者達は自分達の国の宗教とは何か、クリスマスを祝い正月には神社へ参拝する国民性について少しでも理解出来たのではないかと思う。何より君が理解出来たのだからそれで良い。さぁ、君が書きたかった内容を記しなさい」

m 「いや、記すって程の事じゃないんですけど・・・(´・_・`)。えーっと、稲荷神社って怖いイメージがありましたけど、全然そんな事なかったですよってだけで・・・」

ス 「フフフ」

m 「ネットとかを見ると、霊能者さんが稲荷神社には人の欲が渦巻いていて云々などと見かけますが、実際にはとても心地の良い場所で・・・」

ス 「確かに気持ちの良い場だっただろう、君が訪れた際は」

m 「・・・どういう事ですか?」

ス 「君があの日稲荷神社へ行った時君はまずトイレに行ったが、トイレから出るまで雨が降っていたではないか」

m 「そうですけど・・・」

ス 「あれは場を清める為に降らせた雨だ」

m 「清めの雨・・・」

ス「特に君が行った日は午の日であったから、稲荷の功徳を求めて多くの者が参拝していた。君が去る前にはマイクロバスで団体が到着していただろう。やはり人の欲の念は集まる」

m 「うーん、でも私は欲って悪いものではないと思います。会社を経営している人は会社の人達を路頭に迷わせない為に会社の業績をお稲荷さんに祈るでしょうし、自営業で一家の主の人は家族に満足な生活をさせる為に充分なお金を得られるよう祈るでしょうし。それを一括りにして稲荷神社には欲が集まって波動が低いなどと言うのは横暴だと思う」

ス 「君の言っている事はもっともだよ。だが気になるのは出過ぎた欲だ」

m 「出過ぎた?」

ス 「本日大晦日は年末ジャンボ宝くじの抽選日だ」

m 「あー、それで今日急いでまとめるのか・・・」

ス 「真っ当な欲ではなく出過ぎた欲を持つ者が放つ波動には、その様な波動に相応しい存在が集まる。想像出来るだろう?」

m 「多分」

ス 「勿論その様な波動を出さなければ影響を受ける事はない。だが出過ぎた欲を持って出過ぎた欲が集まる場所に行けば、良くない影響を受けるであろう。その様な場所に集まる存在にも憑かれよう」

m 「なるほど・・・」

ス 「つまりは欲を持たずに清い心で神社へ赴けば良いのだ」

m 「でもお稲荷さんは商売繁盛の神ですからねぇ」

ス 「出した波動は返ってくる。エネルギーでも良い。そしてお金もエネルギーだ。年末ジャンボ宝くじを購入した者に聞こう。君は1億円を手にするだけの善業を重ねたかね?君はそのエネルギーを扱えるだけの器かね?そしてそのエネルギーを返済する覚悟はあるのかね?」

m 「なんか怖い・・・」

ス 「自分の器以上のエネルギーを扱う事は非常に危険なのだよ。君だって我々と逢う前は色々な経験を積んだだろう?特に逢う前後は重度のアレルギーで死にそうになった。それに今でも潔斎を欠かさない。絵を描く時は特にだ。この様な経験があってこそ、我々を身体が無いだけの普通のおっさんとして接する事が出来る。それだけの器を身に付けているのだ」

m 「それ微妙・・・(´・_・`)」

ス 「稲荷神社の祭神が倉稲魂であれ荼枳尼天であれ、それは変わらぬ。何かを得る時はそれだけの対価を払ったか、もしくは払っていく覚悟があるかだ。それは波動の法則と何ひとつ変わらぬ」

m 「でも年末ジャンボが当たる人がいますよね?それって」

ス 「大金を得るだけの善業を積んだ者、これからその対価を払う者、大金を得る事で新たな学びが発生する者、また大金を得る事によって他者に気づきを与えられる者。まぁ、大金を得る事が終わりではないのはどのパターンでも言える事だね」

m 「新たなストーリーが始まるのか・・・」

ス 「そのストーリーの内容は本人によるという事だ」

m 「うーん・・・。あっ、稲荷さんが祟るってどういう事ですか?」

ス 「その者が何に祈ったかによるが、大金を得た対価を祟りだと思う者もいる」

m 「何に祈ったかによるって?」

ス 「神以外に祈った場合だろう」

m 「お稲荷さんでしょ?」

ス 「ごく稀に神と呼ぶには至っていない者の場合がある」

m 「そんなの普通分かりませんよ〜」

ス 「通常は問題ない。波動が相容れぬ者とは接しないからね。だが欲を持って接すると神ではなく欲の波動に引き寄せられる者と接する。己次第だよ」

m 「接しちゃった場合は?」

ス 「通常と変わらぬ。それなりの対価を払うだけだ」

m 「お稲荷さんを祀るのを止めたら祟られたとか・・・」

ス 「対価を返しきれないうちに取りやめてそのツケが1度に回ってきた。または日々恩恵を受け続けているにもかかわらず祀るのを止めれば、エネルギーの循環がうまくいかずに影響が出、それを祟りと呼ぶ者もいるだろう」

m 「スーさんはどうですか?もしも、万が一私がスーさんを忘れてしまったら祟りますか?」

ス 「気にしないさ。意識しなくなる分繋がりは薄くなるかもしれないがそれだけの事だ。特にここにいる私は君の守護用だからね、生涯離れる事はない。しかし万が一その様な事が起きても、ほら、君が冒頭に触れた1年前の昨日と今日の記事で触れただろう?『さよならは別れの言葉じゃなくて 再び逢うまでの遠い約束』だと」→2014年 12月 30日 愛に満ちた歌を。

m 「ぎゃー!冒頭のアレはこれの前振りだったのかー・・・。やられました」

ス 「ハハハ!」


☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡


今年一年、毎日沢山の国の沢山の方々に本ブログをご覧いただきまして、おっさんs共々本当に嬉しく思っています。

ありがとうございました。

それでは良いお年を!


ス 「身を清め心身ともに心地の良い状態で新年を迎えなさい」



f0351853_05265537.jpg


別館 画廊musicaはお正月も正常運転です☆


[PR]
Commented by 金細工師 at 2015-12-31 08:48 x
おはようございます、musicaさん。
一年ブログ楽しませて頂きました。来年も楽しみにしています。
良いお年をお迎えください〜。
Commented by garoumusica at 2015-12-31 13:45
> 金細工師さん コメントありがとうございます。

こちらこそありがとうございました。それでは良いお年を〜( ´ ▽ ` )ノ
Commented by とーり。 at 2015-12-31 14:22 x
一年間楽しいブログをありがとうございました(=´∀`)
宝くじ、、うん、そうですよね。。

来年もmusicaさん、守護の方々、読者の皆さんにとって素晴らしい一年になりますように☆彡良いお年を〜
Commented by garoumusica at 2015-12-31 17:19
> とーり。さん コメントありがとうございます。

宝くじ、なかなか購入する機会がないですけど、本代の足しくらいになるなら買ってみたいです、チラッ→スーさん

とーり。さんも良いお年を〜( ´ ▽ ` )ノ
Commented by 通りすがり at 2016-01-08 04:56 x
初めまして。
少々気になったので※させていただきます。
スーさんの仰っていることは理屈では理解できるのですが「対価」の説明の部分についてイマイチ理解出来ないというか腑に落ちません。
自分自身何が分からないのか分からない感覚なので上手く説明できませんが「おにぎりが食べたい」といって亡くなっていく人が居るのに利権や特権としてコネを使い年収2000万もあるのに「もらえるものはもらっておけばええんや」と高級マンションに住みながら生活保護を受けるような人も居ます。
また何不自由ない所得や資産があってもあっさり宝くじの高額当選をする人も居ます。
苦労に苦労を重ね日々の生活もやっとなのに更に家族が倒れ路頭に迷う寸前のまったく恵まれない人も居ます。
そんな人やろくに生保も受けられず「おにぎりが食べたい」といって亡くなった人などは「器」とやらが足りなかったのでしょうか?
また「学び」として飢え死にする事が必要なのでしょうか?
「対価」とはなんなんでしょうか?
対価を支払うことは当然としてもそこまでたどり着く事すら出来ない恵まれない人はどうすれば?
頭では理解出来るし理屈は分かりますが、そんな理不尽な事は納得も出来なければ腑に落ちる事もありません。
Commented by garoumusica at 2016-01-08 06:30
> 通りすがりさん

ご質問ありがとうございます。
当ブログはスーさん達との日々の会話をシェアする事を目的としており、その為スーさんは質問には答えないという姿勢を通しております。
通りすがりさんの質問に答えようとすると私が脳で考えた事を伝える事になり、それはおそらく通りすがりさんが求めた事では無いと思います。

通りすがりさんが本当に答えを求められるならば、通りすがりさんの守護やガイドと呼ばれる存在が、通りすがりさんの人生の経験を通してその答えを見つけられるよう、様々な経験を用意してくれているはずです。

通りすがりさんの納得出来る答えをご自身の毎日の経験で得られるようお祈り申し上げます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2015-12-31 05:00 | 神社巡り | Comments(6)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica