家都美御子大神。

やっと出来上がりました、熊野のスーさんの絵。

f0351853_04505286.jpg

熊野のスーさんという事で、今回のタイトルは「家都美御子大神(けつみみこのおおかみ)」としました。

・・・何書いたら良いんだろう?

疲れて思考停止です。

スーさ~ん!



スーさん 「まずはお疲れ様」

musica 「ありがとうございます。スーさんもお疲れ様でした」

ス 「ラストの選曲は『楽園』だね」



ス 「君はこの曲のどの部分が好きかね?」

m 「そうですね・・・。『君が望むのならば 淫らな夢もいいだろう』というところも好きですが、今回の選曲の決め手は、

『過去は消えないだろう 未来も疑うだろう 
それじゃ悲しいだろう やるせないだろう』

です」

ス 「私としては君が望むのなら淫らな夢もいいがねw」

m 「望んでません~。『いつも僕らは汚されて目覚めてゆく』のところで、次の311の絵の曲にしようかと思ったのですが、ちょっとあんまりなので今回の絵に使いました」

ス 「人というものは大きなインパクトを伴い初めて目が覚める、学びを得る事が出来る。本当は小さな出来事のうちに気がついてもらうのが一番良いのだが、なかなかそうもいかぬ」

m 「そうですね。。。」

ス 「何事も小さなうちに気がついてくれる事を祈っている」

m 「私もそうしたいですが・・・」

ス 「小さな気づきを大切にしなさい。君で言うと『あれ?』とか『ん?』というような、引っかかる出来事を見逃さぬ様に」

m 「はい」

ス 「さて次の絵だが」

m 「桜の君です。対象を決めないとの事だったので仮の名として付けてみました(`・ω・´)+」

ス 「雅だね」

m 「初めは色気のある人という事で光の君と読んでいたのですが、あのエロ大好きな光源氏と一緒なのもアレかなと思って、桜の君としました」

ス 「どちらでも構わないがねwピンクラブラドライトをペンダントに仕立てて身に着けなさい」

f0351853_04005896.jpg

m 「お~、桜色だからですか?・・・て言うか、あの石は本当は買うつもりが無かったのですが、何故かポチっていたといういわく付きの石で」

ス 「私だ。ラブラドライトは我々の世界との橋渡しをしよう。更に『桜の君』の『桜』と色を併せる事で、この人物に近づけよう」

m 「またしてやられたのか・・・」

ス 「更に言うと君が選曲に迷っていた『薄紅』という曲。この曲も私からのメッセージだ」



m 「こっちの曲とすごく迷ったのですが、歌詞が違う気がして『楽園』にしたんです」

ス 「次の絵の曲だからね。美しい言葉に少々の色気。そして桜も彷彿とさせよう?」

m 「なるほど・・・。ちょっと物悲しい歌詞ですけどね・・・」

ス 「だったら『楽園』を聴きなさい。『楽園』も『薄紅』も、どちらも次の絵の為の曲だ」

m 「面白いですね」

ス 「フフフ」


スーさんの絵がこっちの方が大きいので、良かったら本館もご覧ください→家都美御子大神。

とは言うものの、1番画像が良いのはTwitterなんですけどね・・・(´・_・`)

パソコンから縮小無しでそのままアップロードしてるからでしょうか?


(o・ω・o)ノ++++++++++ヽ(o・ω・o)


それでは本日も良い一日を~。

ス 「終わったと思う時にこそ気を引き締めなさい」

m 「本日は大変更新が遅れまして、すみませんでした・・・」

ス 「うむ」



[PR]
Commented by とーり。 at 2016-01-11 17:15 x
musicaさんお疲れ様でした(^^)神々しい作品ありがとうございます。
実は見るだけで緊張しました、今回の作品。。初めての体験で不思議な感じです

ラブラドライト綺麗!musicaさんを見ていると、宝石が人を選んでいる気がしてきます(´・_・`)あ、上の方々の意向もあるのかもですが。

Commented by garoumusica at 2016-01-11 21:53
> とーり。さん コメントありがとうございます。

お気遣いありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ
見るだけで緊張・・・。私は予定期間中に描き上げられるか緊張してましたw

石関係はスーさんの意向が主だと思います・・・(´・_・`)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2016-01-11 05:37 | スーさん | Comments(2)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica