Perfume of love

白檀の香りの残るピンクラブラドライト。

肌に直接当たるように身につけて絵を描いていると、ふとした瞬間に白檀の香りが。

そうしたらラブラドライトを取り出してクンクン匂いを嗅ぎ、また服の中に仕舞ってまたお絵描き。

また嗅いでまたお絵描き。

この瞬間を誰かに見られたら、ただの変態にしか見えない・・・。

で、あんまり良くないらしいんですけど、石を水洗いするのが好きなのでこまめに洗っていたら、香りが薄れてきまして。

なので浄化用として売っている白檀オイルを購入してみました。

これ↓

f0351853_23241305.jpg

右側のちっちゃいやつ。

左側は通常のサイズのアロマオイル。

こんなに小さいのに送料込みで1600円くらい。

高っ!



届いて早速匂いを嗅いでみると、あれ?思っていたよりもスパイシー・・・。

これだとスーさんの匂いじゃない。

スーさんの匂いには白檀にジャスミンを足したバームの方が近い・・・。

えー、お金がもったいない(´・_・`)

ちょっとがっかりですが、もったいないのでとりあえずこれでラブラドライトを浄化してみる事に。

使い方はというと、コットンやティッシュにこのオイルを少量含ませ、そのコットンやティッシュで石を磨きます。

ふきふき。

う〜〜ーん、やっぱりスパイシーw

バームで磨いた方がいい感じかも。

ざーんねん!と思っていたところ、



スーさん「オイルを軽く拭き取ったら身につけなさい」

musica「?はーい」



そして1時間後。


ス 「ラブラドライトの匂いを嗅いでごらん」

m 「あっ、スーさんの匂い!なんで?」

ス 「フフフ、白檀の成分が君の肌に触れ熱を持ち、そして君の香りと相まって私の香りとなったのだ」

m 「あ、そっか!発揮性の高い成分が蒸発し残った成分の放つ香りがスーさんの匂いなんだ」

ス 「君は本当に情緒が無いね・・・。なんでも分析すれば良いというものではないだろう?」

m 「スーさんが乙女過ぎるんですよ。あれ?香りが薄れてきた・・・、また磨こうかな」

ス 「こら、あまり付けると君は体調を崩す、止めなさい。そもそも人が纏う香りは空間に漂わせるものではない。特別な相手と肌を寄せ合って初めて嗅ぐ事が出来る、微かで甘美に満ちたものなのだよ」

m 「ほんとにロマンチストですねぇ・・・」

ス 「君が好きな曲に香りに関するものがあるだろう?」

m 「Perfume of loveかな?好きな曲というより詩の一部分が好きなだけですが。

『君の名前はずっと忘れずにいたいよ

できたら繋いだ手の温もりも

どうして離れて忘れていかなきゃいけない

Perfume' f love

香りだけ残って』

と言う部分。なんだかよく分からないですけど、この部分だけ好きなんです」

ス 「何故か分からないが忘れられない、好きだというものには隠されたメッセージがある」

m 「また出た、ロマンチストw」

ス 「君は私と離れる時に私の名を忘れたくないと願った。そしてこの手の温もりを覚えておきたいと願った。だがさだめとは無情なもので君の願い虚しくそれらは忘れ去られた。ただひとつ、私の香りだけを残して・・・」

m 「うーん、素敵なお話ではありますが、そういうの一切分からないんで」

ス 「構わぬ。だが君が私の香りを憶えているという事実だけは忘れない様に。まぁ、この話は絵の参考にしなさい」

m 「絵の参考?」

ス 「うむ。直接言葉を交わさずともその視線だけで恋の駆け引きをする、微かな動作だけで相手を惹きつける。その様な繊細な色を意識して描きなさい」

m 「目で妊娠させるみたいな?」

ス 「また君は・・・!」

m 「あ、違った!目で語る!目で語る!」

ス 「本当に君と言う者は今私が語った事を(以下略)」


☆☆.。.:*・゚*:.。.☆☆.。.:*・゚*:.。.☆☆.。.:*・゚*:.。.☆☆


それでは本日も良い一日を。

ス 「なんとなくの感覚を信じ行動しても思う様な出来事に遭えずにがっかりする時がある。そのような時は感覚を信じ行動した結果、信じなかった場合に遭遇したであろう出来事を回避したと思いなさい」




[PR]
Commented by りっきい at 2016-01-16 10:08 x
糸屋の娘は目で殺す〜♪
Commented by garoumusica at 2016-01-17 03:32
> りっきいさん コメントありがとうございます。

この唄は知りませんでした!ひとつ勉強になりました、ありがとうございます(`・ω・´)+
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2016-01-16 05:00 | スーさん | Comments(2)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica