スーさんに問う!「習合」ってなんですか?

本日もお絵かきに集中してしまった為、先日スーさんとした会話を書いていきます。



先日の記事に、

「第1回目の国譲りの大国主=神武天皇に国譲りさせられた大物主=出雲国風土記の大穴持=崇神天皇に殺された出雲古禰」

と書いたのですが、その時に習合という事に関しても記事に書いた方が良いのかな?と思ったのです。

習合というのは、様々な宗教の神々や教義などの一部が混同、または同一視される現象の事をいいます。

Wikipediaによると、主に地元に定着している宗教信仰と新しく来た宗教が接触した場合に、類似する要素がいくつかあったりした時に起こるそうです。

今勉強している場面で言うと、

「縄文系の人々が信仰していた神と大陸からやって来た神が習合し、オホナムジとなった」

という感じです。



なんかの本で読んだのですが、縄文系の人々が出雲と三輪で信仰していた神様は、蛇の形をしていたらしいんです。

で、大陸の人達が持ち込んだオホナムジも蛇の形をしていた。

それで縄文の人達も抵抗なく習合を受け入れた、との事なのです。

出雲大社の注連縄って通常とは逆の巻をしているらしいんですけど、それは大神神社も同じなのだそうです。

で、その注連縄っていうのは、どうも蛇の交尾の様子を表現したものらしいのです。

蛇の交尾って見た事なかったのでググってみたところ、確かに注連縄の様にグールングールンしてるのもありました(`・ω・´)+

稲で蛇の交尾を模したものを作るっていうのは、稲作を持ち込んだ大陸系の人達の宗教そのものなのですが、それがいつしか全国に広まり今のような形になったのだそうです。

蛇の交尾の形を使用した宗教道具(?)って、羽の生えた杖みたいな物もありましたよね。

蛇の交尾の姿って宗教的に魅力があるのですかね?


あ、話が逸れたので元に戻しますが、記事を書きながら習合に関してスーさんに尋ねてみたのです。



musica 「ねぇ、スーさん?習合って何ですか?」

スーさん 「カリフォルニアロールの様なものだ」

m 「`;:゙;`;・(゚ε゚ ) 」←本気で噴き出しました。


カリフォルニアロール!!!


ス 「言い得て妙であろう?」

m 「言い得て妙ですね・・・」



カリフォルニアロールって、アメリカの人が食べやすい様に海苔が内側に有って、具がカニかまとかアボガドになってる巻き寿司の事です。

巻き寿司がアメリカに入った時に、アメリカの人が受け入れやすい様にアメリカの食材を加えて、アメリカの人々の好みに合わせたものがカリフォルニアロール。



ス 「縄文時代に大陸の宗教が日本に入った時に、縄文の人が受け入れやすい様に現地の神を加えて、縄文の人々の好みに合わせた。それを習合という」


明日は頑張ります・・・。


*☆*:;;;:**:;;;:*☆*:;;;:**:;;;:*☆*:;;;:**:;;;:*☆*


それでは本日も良い一日を!

ス 「出来ぬ約束は慎みなさい」

m 「・・・」

ス 「今成すべき事に集中する事。それが生きていく上で重要な事だ」


[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2016-03-08 05:05 | スーさん | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica