スーさん作、桜の君用ブレスレット。

はー・・・。

昨日の22時にブログを更新したら、翌日5時のブログは更新しなくていいやって、普通思うじゃないですか。

なのですが・・・。



musica 「明日のブログはお休みで良いですよね☆」

スーさん 「えっ?」

m 「は!?∑(゚Д゚)」



・・・。

なので本日はちょっと楽な記事を。



昨日22時にUPした桜の君の記事。→桜の君。

これを描く時はピンクラブラドライトを身に着けていたのです。

が、ふと今回はブレスレットが無いな~と思って、スーさんに催促。

作って貰いましたw

これ↓。

f0351853_04443410.jpg

ミルキーアクアマリンとローズクォーツ、そして水晶のブレスレットです。



はじめは下側にあるメインがローズクォーツのブレスレットが出来上がりました。

ミルキーなアクアマリンは宝石としての価値が無いそうで、10ミリ玉のブレスレットが500円という安さで売られていました。

天珠のアクアマリンもミルキータイプだからと安かったですし。

可愛いんですけどねぇ・・・。

で、この出来上がったブレスレットを身に着けようとしたところ・・・。



ス 「使っていないローズクォーツのブレスレットがあるだろう?」

m 「はい」

ス 「それに前回描いた、熊野のスーさんの絵の時に使っていたアクアマリンの天珠を加えて、もうひとつブレスレットを作ろう」

m 「あー、石の組み合わせが逆になる訳ですね」

ス 「そうだ」

m 「ふふふ、じゃあそれを作ったらスーさんが身に着けてくださいよ?」←意地悪のつもり。

ス 「こちらは君が身に付ける方だ」

m 「えー?じゃあローズクォーツメインの方をスーさんが身に着けるって事ですか?」

ス 「うむ」

m 「折角誕生石なのに」

ス 「天珠のアクアマリンも誕生石ではないかw」

m 「そうですけど・・・。あ、稲ちゃんに捧げようかな」

ス 「君が身に着けなさい。そんなに私とお揃いが嫌かね?」

m 「そういう訳じゃないです。ただ、誕生石だからと思ってブレスレットを買ったから。500円だけど・・・」

ス 「天珠のアクアマリンの方を君が身に着けなさい」

m 「・・・」



という訳で、何故かスーさんと色違いのお揃いです。


☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡


それでは良い週末を~。

ス 「今の自分は過去の選択の結果。その事をよく考えてごらん」

m 「昨日のお仕事モードのスーさんは、ちょっと怖い感じ。いかにもスサノオで、自分でも記事を読むのが怖かったです」

ス 「仕事だからね。今の私はプライベートだ」

m 「隣のスーさんって感じです」

ス 「ハハハ」



[PR]
Commented by とーり。 at 2016-03-12 12:30 x
昨日の素戔嗚尊、まさに私の想像そのものでした。やはりmusicaさん家のスーさんの方が取っ付きやすいような(-_-)
でも、厳しい言葉にはハッとしました。前向きに復興を進める映像の裏には今だに多くの避難している方々がいて、まだまだ立ち直れない人々もいるんだ、と改めて思いました。素戔嗚尊の言葉、ブログに書くのは難しくなかったでしょうか?

私には頭グルグルの歴史のお勉強&作品創り、、musicaさんもスパルタ授業大変かとは思いますが応援しておりますよ〜♪♪今回のストーン達もパワーをくれそうですねぇ☆
Commented by まな。 at 2016-03-12 18:18 x
musicaさん、お疲れ様でした。間に合いましたね!さすがです(^^)

桜ひとつに沢山の色を使うのですね。昔々、吹奏楽部でクラリネットを
担当していたのですが、はじめて楽譜をみた時の驚きを思い出しました。

沢山の色、沢山の音、それらが一つになり、ひとつの作品になることを。

そんな当たり前のこともわからないガキんちょだったんですよ(苦笑)
そこが、音あわせから学ぶ「調和」の一歩だったんですけどね。楽団も
指揮者しだい。そんなこともありました・・って、コメント書きながら
思い出したことなのですがw それより、今日は・・・清算にきました。

引き際コメント後、のんびりする予定が意味フな夢指導の連続でしね~
お仕事モードなのか、蜘蛛(ネットワーク)の大きな脚を捕まえてたり;

いろいろありましたが2月よりサポート石もヘマタイト(戦わない戦士)
リングになり混沌としたものの整理ができたところです。自分の内外が
おかげさまで落ち着いてきましたよ。オマケで、お家事情のひとつもw

それでは、musicaさんとご縁のあった皆さんへ。お礼をこめて♪

曲の紹介を一つ。星野源さんのSUN





Commented by garoumusica at 2016-03-12 19:19
> とーり。さん コメントありがとうございます。

そうですねぇ・・・、スーさんの言葉をブログに書くのは難しくなかったです。
何故かというと、とにかく時間が無くて見直しをする暇もなかったからです!(`・ω・´)

昨日の記事はあらかじめスーさんにお任せをすると決まっていたので、キーボードを前にしてため息を一回吐いて、「じゃあスーさん行くよ〜」で、頭に浮かんだ言葉を一気に書きました。
なので後で落ち着いてから見直した時に、スーさんの言葉のエネルギーに震えました((((;゚Д゚)))))))コワヒーーー。

いつも応援ありがとうございます(`・ω・´)
Commented by garoumusica at 2016-03-13 17:30
> まな。さん コメントありがとうございます。

そうですねぇ、私も描いてみるまでこんなに沢山の色を使うとは思いませんでした。
自然というものは一見合わなそうな色の組み合わせをしている物が多く、戸惑う事が多いです。

>それより、今日は・・・清算にきました。

大変申し訳ないのですが、頂いたコメントでは何を清算されに来たのか、何故このブログへ清算する必要があるのか、ちょっと戸惑うところです。
でも落ち着かれたのでしたら良かったですねぇ。

>星野源さんのSUN

ありがとうございます。後で確認してみますね!
Commented by まな。 at 2016-03-13 21:42 x
musicaさん、そうですね。そりゃ、戸惑いもしますよね。

自分で清算と書いて、なぜ書いたのだろう?と質問返しのようで
申し訳ない感じもするのですが・・・(おかしな返答になりそう)

今、思うことを書きますね。この1ヶ月の夢は神関係の流れが多く
その一部で、なんというのかなぁ・・・エネルギーの自動支払機の
ATMのようなレジのようなもので清算してきたのですよ。それは
わかりやすく「お金」で表現してましたけどね。その、流れなのか

これ?と思ったのが、こちらでのコメントでした。はじめの一ヶ月
ほど(日向神話を巡る旅あたりでしょうか)非表示でお願いをして
ましたがあれはエネルギーの関係上とても無理をさせていたのかと;

君が代(こっぱずかしいコメント)あたりからでしょうかね。何故
コメントしたのか?今では・・・あれもわからないのですよ(苦笑)
たしかに、少しは知識がありますが特に興味もない話題でしたしね;

なので、答えになるのかわかりませんがエネルギーの貸し借り無し。

それが、気持ちてきにしっくりくるのですが。申し訳なかったです
今更ですが大丈夫でしたか?(守護さんの許可がありましたか?)

エネルギーの話は、こちらの読者の方へのお話で気がつきました。

musicaさんとは関係のない話ですが、2月の終わり身近な友人の
お母さん(1人暮らし)が亡くなりまして、内外ともにバタバタ
気持ちが忙しかったのですが・・・ようやく落ち着きましてねぇ。

それと連動するように、うちの本家の「家」問題も少しだけ進歩
内容は・・・めんどくさい話なのでw やめときたいと思います。

一つのことを説明するのに長々となりましたが、大丈夫ですか?
コメント返信についても、どうぞ長文返しなど気になさらずに。

それでは、これで終わります。ありがとうございました!




Commented by garoumusica at 2016-03-14 18:48
> まな。さん コメントありがとうございます。

>非表示でお願いをしてましたがあれはエネルギーの関係上とても無理をさせていたのかと

こちらは何も無かったですよ~、大丈夫です。

>エネルギーの貸し借り無し。
それが、気持ちてきにしっくりくるのですが。申し訳なかったです
今更ですが大丈夫でしたか?(守護さんの許可がありましたか?)

まなさん側のレッスンはこちらには関係が無かったそうです。
ご心配ありがとうございます!(^_^)/

>一つのことを説明するのに長々となりましたが、大丈夫ですか?

スーさんの調整で、個人的な内容は脳に記憶されない様になっているそうなので、大丈夫です!(`・ω・´)+
上の世界にはいろんなシステムがありますねぇ。。。

>それでは、これで終わります。ありがとうございました!

お疲れ様でした、それではお元気で!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2016-03-12 05:03 | スーさん | Comments(6)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica