古代氏族物部氏 その14 出雲系と言われる皇后を調べてみたの巻。

はい!という訳で、昨日の続きです。




天孫降臨をした天皇家の祖の瓊瓊杵命は、須佐之男命と天照大神が誓約をした時に須佐之男命が初めに生み出した神の子な訳です。

で、大国主に懐柔された天穂日命は、誓約の際に二番目に須佐之男命が生み出した神であり、出雲国造の祖な訳です。

そして大国主須佐之男命の子供だとか孫だとか言われている訳です。

昨日はここまででしたが、なんか不思議な感じがしますよねー・・・。

こういう氏族の神話って、自分達の威厳を高める為にそれぞれの氏族が勝手に創り上げたらしいんですけど、なんでまた大国主、オオナムジと繋がる様な神話を創り上げてしまったのか。



以前「うろ覚えですけど、これからしばらく天皇家は出雲系の姫を娶っていたはず。まぁ後できちんと調べてみますが。。。」と書いて調べていなかったので、ちょっとここのところも気がかりなので調べてみる事にします。→古代(略)長髄彦と神武東遷編 その4 出雲と大和の国譲り。



初代天皇である磐余彦さんの奥さんは媛蹈鞴五十鈴媛ひめたたらいすずひめ)。

例のコレです↓。

f0351853_03403310.jpg

2代綏靖(すいぜい)天皇の奥さんは『日本書紀』『旧事本紀』では五十鈴依媛(いすずよりひめ)。

この方も事代主の娘さんだそうです。

上の図に載っていないのは調べてないからです(`・ω・´)+

調べてみましょうー。

・・・あー、なんという事でしょう!

初代天皇磐余彦さんの奥さん・媛蹈鞴五十鈴媛の妹ですって!

えー・・・、上の図を書き換えるの面倒なんですけどー・・・(´・ω・`)

とは言うものの、『古事記』では綏靖天皇の奥さんは河俣毘売(かわまたびめ)となっていて、この方は磯城県主の娘さんです。

磯城っていうのは神武東遷で出てくる磐余彦さんの敵方の、兄磯城・弟磯城のアレです。

兄磯城は建御名方か!?と言われている人で、弟磯城は磐余彦さんに投降した人です。



3代安寧(あんねい)天皇の奥さんは『日本書紀』では渟名底仲媛(ぬなそこなかつひめ)。

事代主の子・鴨王の娘さんです。

鴨って賀茂の事ですよねぇ?(←記事を書きながら調べ、今初めて鴨王の事を知ったのでよく分からない)

鴨、賀茂と言えばコレです↓。

f0351853_03343826.jpg

原宮の裏鬼門を護る高鴨神社。

あー、でも祭神が阿遅鋤高日子根神(あじすきたかひこねのかみ)だからちょっと違いますね・・・。

ちなみに阿遅鋤高日子根神は大国主と田心姫(たこりひめ)の間に出来た子だそうです。

あーもう、田心姫って須佐之男命と天照大神の誓約で生まれた子じゃん・・・。

腹違いの姉との子かよ、おーくにさん・・・。

正妻も須佐之男命の娘の須世理姫なのに・・・。

まぁ、以前何かで調べましたけど、古代は母が違えば結婚して良かったとの事なので・・・。

それでもおーくにさんの節操の無さ、溜息モノですね( ;´Д`)



はい、話を戻します。

4代懿徳(いとく)天皇

この方の奥さんは『日本書紀』では天豊津媛(あまとよつひめ)で、息石耳命(おきそみみのみこと)の娘さんです。

で、息石耳命は第3代安寧天皇の第一皇子で、もちろん母は皇后の渟名底仲媛で事代主の子・鴨王の娘さん。

懿徳天皇もお父さんが安寧天皇、お母さんが渟名底仲媛命で、彼らの第2皇子です。

えー・・・、姪っ子と結婚しちゃったのかー・・・。

障害が心配されますが遺伝的にどうなんでしょうねぇ。



とまぁ、こんな感じで出雲の血が皇室に4代に渡って取り込まれて行くのです。

明日に続きます。


(・∀・)゚+.゚。゚+.(・∀・)゚+.゚。゚+.(・∀・)゚+.゚。゚+.(・∀・)゚+.゚。゚+.(・∀・)


それでは本日も良い一日を!

昨日の続きから。

スーさん 「特別な行動ではなく、日常の行動の足先をほんの少し変える程度だね」

musica 「でも気の向くまま行動して何も無かったら、ちょっとガッカリするかもです」

ス 「そういう場合は一見何も起こらなかったように見えるかもしれないが、足先を変える事によって何らかの災いから遠ざかる事が出来たのだ」



[PR]
Commented by とーり。 at 2016-03-17 13:17 x
何か凄いですね・・変な言い方ですが血が濃くならないのかな、とか(´・_・`)同族結婚を繰り返して身体に影響は無かったのでしょうか〜?こうやって考えるとmusicaさん家のダンディおーくにさんのイラスト、成る程って思いますね(=゚ω゚)

私の知識が浅い事もありヽ(´o`;ブログを読んでいて?な所がありまして、私でも分かり易い本とかないかなぁ〜と思っていたら。
何故か突然、知人が大量の漫画を貸してくれまして!石○森章○郎さんの日本の歴史というものですが中々面白いです☆もちろん作者の方の主観によって書かれ方に若干の違いがあるかもですが。。なんか良いタイミングでしたw
Commented by garoumusica at 2016-03-18 16:22
> とーり。さん コメントありがとうございます。

>こうやって考えるとmusicaさん家のダンディおーくにさんのイラスト、成る程って思いますね

ここのところがよく分からないです(・_・?)
血が濃くならない様に外国の血を入れたって事ですか?

>私の知識が浅い事もありヽ(´o`;ブログを読んでいて?な所がありまして

自分で書いてても分からなくなってますからねw
それに私はずっと読んでいたブログでも、スピ系歴史物になるとつまらなくて読むのやめてしまいます(`・ω・´)+
自分で書いといて何言ってんの?って感じですが。

漫画でもきっちり読めばかなりの知識になりますよね!守護さんのお導きという事でw


Commented by とーり。 at 2016-03-18 18:17 x
>ここのところがよく分からないです
いや本当すいません、、自分でも何が書きたかったんですかねw(・・;)
えーと、、最初おーくにさんのイラストを拝見した時に他のイラストと違って「ん?」みたいな感じがあったんです。やたら外国ちっくな色男だなぁとかダンディだなぁとか歴史詳しく無いくせに背景含め何だか気になって。
色々読み進めてみて今は、これがmusicaさん家のおーくにさんだなぁとしっくり来る様になりました・・( ^ω^ )知識薄なのでもっと女性好きのだらしない体型のおじさんを想像していたからかもw懇意にしている神社の祭神が大国主命なせいか妙に気になってました。
分かりませんがmusicaさんのイラストで外国のエネルギーを入れて中和している、とかなんでしょうか??想像に過ぎませんが。。ますます何書いてるか分からなくなりましたw
Commented by garoumusica at 2016-03-20 18:48
> とーり。さん コメントありがとうございます。

>分かりませんがmusicaさんのイラストで外国のエネルギーを入れて中和している、とかなんでしょうか??

昨年の12月の記事に日ユ同祖論とおーくにさんの関係を示唆するスーさんの話をブログに書いていたので、それを前提にしてコメントを書いてしまいました・・・。
分かり難くしてすみません(´・ω・`)
Commented by とーり。 at 2016-03-20 20:29 x
すっかり抜けておりました。。昨年の記事読み返しますね(・_・;)かなり的外れな事書いちゃいましたね私・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2016-03-17 05:00 | 古代氏族 | Comments(5)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica