スーさんと空の果てまで。

スーさんに以前から言われている事があります。

それは、


「神話を超えたところを見よ」

「我々の向こう側を見よ」


という事です。

その言葉があって最近の記事でしている神話崩しがあるのです。



1年前に書いた記事で、おーくにさんがこんな事を言っていました。



おーくにさん 「一人一人が各々の中に神聖を見出せる時代となった。特定の形に縛られる事なく自らの中に、自然の中に神聖を見出せる時代だ」

musica 「自らの中に、自然の中に」

お 「だからスサノオ殿が言うのだ。『我々の向こう側を見よ』と」

m 「あー、うーん・・・」

お 「今という時代は世の成り立ちが様々な人々によって解き明かされている。日本国内だけでなく世界中から情報が集まり、更には誰でも閲覧する事が可能だ。もはや人が人の下について学んだり、神のもとに集う必要は無くなったのだ」

m 「よくスーさんが『今は神すらオーダーメイド』って言っているのですが」

お 「物は言い様。姿形に囚われず本質さえ掴む事が出来れば、我々はどのような形でも構わぬ」



おっさんsは政治の為に作られた神話でさえ受け入れ、人々の思考に合わせて姿を変え、私たちを見守ってくれている存在。

その懐の深さを知れば知るほど、彼らへの敬意は増すばかりです。

彼らが望むのであればその向こう側を見ていきたいと思います。

何より私自身も彼らの実像を見てみたい。



今までしてきたスーさんとの会話の中で、一番好きなものはコレです↓。


スーさん 「私とどこまで旅をするかね?」

m 「空の果てまで」

ス 「よかろう。我々の空の果てに何があるのか、この目で確かめに参ろうぞ」



昨日の記事に対する今日の内容でした。

私は誰かの望む私や私の日常を演じたり、誰かの望む内容の記事を書いたりするつもりはありません。

このブログの全てがおっさんsとの日常です。


[PR]
Commented by とーり。 at 2016-04-02 12:48 x
(*´∀`*)

言葉ではうまく言えないんですけど、読んでいてこんな気持ちになりました(謎)
これからもブログ楽しみにしています♪
Commented by ひかり at 2016-04-02 15:20 x
スーさんと空の果てまで。

ニヤリ( ̄▽ ̄)としてしまいました。
熱いですね。
いったい、どこまでの旅なんでしょうか。
悠久のまた向こうの悠久、を感じさせます。
…熱いですね。

きっと、空の果てが解き明かされる時が来るのでしょうね。
その時が来るのが楽しみですね。
なんだか私まで楽しみになってきましたwww

昨日のコメントも今日の記事も、そこに繋がる一歩のように思えます。
フレーフレー musicaさん フレーフレースーさん

ブログ、楽しみにしてます!

Commented by りんこ at 2016-04-02 21:39 x
そんなもん、musicaさんの書きたい事を書けばいいんですよ~。

それを拝見するのが楽しいのですから。

ブログなんてそういうツールですよね~。

だからマイペースに楽しんでください!

いつもいつもありがとうございます☆
Commented by garoumusica at 2016-04-03 04:09
> とーり。さん コメントありがとうございます。

ありがとうございます。
実は私も記事を書いていて、自分で(*´∀`*)な感じになりました。
Commented by garoumusica at 2016-04-03 04:15
> ひかりさん コメントありがとうございます。

熱いですか( ̄▽ ̄)。どう熱いのかよく分かんないですがw

空の果てには何があるのか、まぁ宇宙なんですけど趣が無いのでそれは無しにして、何があるのか・・・。
到達するのかは分かりませんが、でもきっと、その旅の途中が良いのでしょうねぇ。
のんびり行きます~。
Commented by garoumusica at 2016-04-03 04:21
> りんこさん コメントありがとうございます。

では、のんびりマイペースで参ります(`・ω・´)+
て言うか、元々人に合わせる性格ではないですが・・・。
これからも書きたいものと、描きたいものを、かいていきたいと思います。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2016-04-02 05:17 | つれづれ | Comments(6)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica