自分に価値が無いと思うと・・・ (風邪はエネルギーの転換期 その8)。

という訳で、昨日スーさんからおデートのお誘いがあったので、早速行って参りました。

調度良いタイミングで母も時間があったので。

藤の花を見に行こうとの事だったので、ネットで藤の花を調べた時に出て来た神社とお寺、それからその通り道にある神社2社の合計4社。

計5時間のプチ旅でした。



ですが、不思議な事にネットで調べたにもかかわらず、藤の花が無い・・・。

山の中に自生している藤の花は沢山見たのですが、調べて出て来た藤の花が見当たらず。

不思議な感じでした。

自生していた藤の花。

f0351853_02591441.jpg
とりあえず遠目ではありますが藤の花は楽しむ事が出来たので、スーさん的にはオッケーなのですかね?

行く神社行く神社お寺も含めてとても気持ちの良い所ばかりでしたので、大満足のいくプチ旅でしたが。



ところで、途中で立ち寄った道の駅でこんな素敵な物を購入しました。

f0351853_02564412.jpg
竹かご!

とても細い竹ひご(?)で丁寧に作ってあります。

持ち手の部分はヤスリがきれいにかけてあって、手も痛くなりません。

そのお値段なんと!

f0351853_02565533.jpg
1200円!!!安いです!

一緒に売ってあった他の竹かごは3000円位したのですが、私から見て一番丁寧に作ってあって好みに合ったこの竹かごが、一番安かったのです。

なので即買いでした。

良いお買い物をしたとホクホクしています。

とりあえず工具を入れました。

f0351853_02563144.jpg

スーさん 「良い買い物が出来たね」

musica 「はい!こういう竹製品ってきっと古代からあったのでしょうから、なんだかロマンを感じるというか・・・」

ス 「私の頃もあったよ」

m 「ほんとっ!?なんだか嬉しいですね」

ス 「フフフ。ところで君、この竹籠が倍の値段だったら買っていたかね?」

m 「2400円でも買ってたかな。一目惚れでしたし」

ス 「それでは3倍は?」

m 「3600円か。それでも安いんじゃないかな?」

ス 「では4倍は?」

m 「んー・・・、4800円か。うーん、それだと買わなかったかも・・・。あんまりお財布の中身が無かったですし・・・」

ス 「では君にとってこの竹かごは3600円までは出す価値があるという事だね」

m 「3800円かな・・・」

ス 「今回は1200円だったが、君にとっては3800円まで支払う価値のある品物だった。さて、この竹かごはいったいどのくらいの時間を掛けて作られたのであろうか?」

m 「あっ!これはもしかして先日の風邪のエネルギーの話の続きですね」


ス 「そうだ。君は親しい間柄でない者に絵をタダで描いて欲しいだとか、格安でアクセサリーを売って欲しいと言われ拒否をした。それを要求する人間は、君の時間にはお金を支払う価値が無いと言っているのも同然だからだ」

m 「逆に言えば、私にとってその相手は自分の時間を与える程の価値が無い、と言っているのも同然なんだ・・・」

ス 「そうだ。君達はお互いに価値が無いと思い合っていたのだ」

m 「波動の法則が働いた結果か・・・」

ス 「ただで絵を描いて欲しいと言われていたのはいつ頃の話かね?」

m 「2~4年位前かな?」

ス 「特に4年前の君は身体の症状がまだまだ酷かっただろう?それで外出がほぼ出来ないような状態だった。それで自分に価値が無いと思っていた」

m 「そうですねぇ。それで私の時間に価値が無いと思う様な人達が寄って来ていたのか」

ス 「そうだ。君自身が自分に価値が無いと思っていたから、君に価値が無いと思う様な人間が寄って来ていたのだ」


明日も続きます。


*:.。..。.:*ヽ(*゚∀゚)ノ*:.。..。.:*ヘ(゚∀゚*)ノ*:.。..。.:*


それでは本日も良い1日を。

m 「ただのデートお誘いではなく、学びの一環でしたか」

ス 「デートと学びの両方だ。一石二鳥であろう?」

m 「まぁ、どっちでも良いですけど」

ス 「先日の記事で君は『普段の生活ではついつい存在を忘れちゃうんですよね。ほら、スーさんって生身が無いから』と言っていた。だが昨日はデートという事で度々私に話しかけて来てくれた。するとどうだ?外出をしたにもかかわらず、いつもより体調が良いだろう?」

m 「はい。やっぱりちょっとは眠りましたけど、身体は軽いです」

ス 「そういう事だ。いくら私が君に愛情を注いだとしても、君が受け取らなければその効果は半減だ。君が私を意識すればする程、君の身体やエネルギーは私の愛情を受け取る」

m 「愛情ではなくてエネルギーでしょ」

ス 「いや、愛情だね」



[PR]
Commented by 藤の花いいね at 2016-04-29 21:09 x
こんにちは
やはりすーさんの花は藤の花、なんですね。
伝承のとおりで微笑ましいです。
自分の価値、久しぶりにのぞかせていただいたら、自分にどんぴしゃでした。
心にとどめます。
Commented by garoumusica at 2016-04-30 05:25
> 藤の花いいねさん コメントありがとうございます。

スーさんの花が藤の花という伝承、恥ずかしながらまったく知りませんでした・・・(。-_-。)
教えてくださってありがとうございます!
調べてみてもよく分からないので、またお時間のある時がありましたら簡単で結構ですので、教えていただければありがたいです。
よろしくお願いしますm(_ _)m
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2016-04-26 05:00 | スーさん | Comments(2)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica